現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はSUVにスポットを当てており、今回は「メルセデス・ベンツ GLS」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: メルセデス・ベンツ GLS 350d 4マティック。全長5mを超えるビッグサイズ。

メルセデス・ベンツ GLS 350d 4マティック。全長5mを超えるビッグサイズ。

3列シートを備えるラージサイズSUV

メルセデスベンツのSUVラインナップのなかでも最上級のモデルがGLSだ。前身となるGLクラスのマイナーチェンジにあわせて2016年に名称変更し、日本でも発売された。

7人乗り3 列シートの堂々たるボディサイズと、オンオフを問わない走行性能、Sクラスに匹敵するラグジュアリーなインテリアといった特徴を備えている。

パワートレーンは最高出力190kW(258ps)の3L V6ツインターボと、335kW(455ps)の4.7L V8ツインターボを用意する。

注目ポイント:ラインナップのなかでも3列シートの7人乗りのモデルはかなり少数派。そのゴージャスさと存在感の大きさは、ブランドのなかでも最高レベルと言っていいかもしれない。

メルセデス・ベンツ GLS 主要諸元

全長:5130~5140mm
搭載エンジン:3L V6ディーゼルターボ/4.7L V8ツインターボ
駆動方式:4WD
トランスミッション:9速AT
車両価格:10,700,000~15,000,000円

画像: メルセデスAMG GLS63 4マティック。760Nmのビッグトルクで大型ボディを引っ張る。

メルセデスAMG GLS63 4マティック。760Nmのビッグトルクで大型ボディを引っ張る。

贅の限りを尽くした最強で最上級のSUV

メルセデスベンツのSUVシリーズで最上級かつ、最高のパフォーマンスを実現するモデルだ。

メルセデスAMGの手による5.5L V8ツインターボエンジンは、最高出力430kW(585ps)、最大トルク760Nmを発生。そのパワーを確実に路面に伝えるAMG 4マティックはスタビリティを高める専用セッティング。

エアサスペンションもAMGチューン。コーナリングのロールを抑制するACTIVE CURVEシステムも搭載。巨体に似合わぬ華麗な走りを見せる。

注目ポイント:3列シートのラージサイズSUVのラグジュアリーな室内空間にAMGの高性能な走りをプラス。広々とした快適空間で寛ぎながらも、恐るべき速さによる移動が可能だ。

メルセデスAMG GL63 4マティック 主要諸元

全長×全幅×全高:5160×1980×1850mm
搭載エンジン:5.5L V8ツインターボ
最高出力:585ps/5500rpm
最大トルク:760Nm/1750-5250rpm
駆動方式:4WD
トランスミッション:7速AT
車両価格:19,000,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.