ビッグなニュースが飛び込んで来た。かねてからウワサはあったが、ポルシェが2017年末をもってWECのLMP1カテゴリーから撤退することを正式発表、さらに2019年からはフォーミュラEに参戦することも明らかにした。
画像: ポルシェ919 ハイブリッド。トヨタは最大のライバルを失うことになる・・・・・。

ポルシェ919 ハイブリッド。トヨタは最大のライバルを失うことになる・・・・・。

GTカテゴリーは継続

ポルシェAGは2017年7月28日、新たなモータースポーツ戦略を発表した。それによると、3年連続で優勝を果たしたル・マン24時間レースを含むWEC(FIA世界耐久選手権)のLMP1カテゴリーから2017年末をもって撤退する。今後はポルシェ911RSRによるGTカテゴリーに注力して、WECとアメリカのIMSAウェザーテックスポーツカーチャンピオンシップなどへの参戦を続けるとのことだ。

画像: ポルシェ首脳とフォーミュラEのCEOががっちり握手。

ポルシェ首脳とフォーミュラEのCEOががっちり握手。

また、2019年からフォーミュラEに参戦することも発表した。ポルシェは経営方針である「ポルシェ ストラテジー 2025」に沿って、いよいよレースの世界においてもピュアEVへと舵を切っていくということのようだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.