もはや「新型ゴルフ」と言われても信じてしまうほど、6代目ポロのたたずまいは威風堂々としている。技術、装備、選ぶ楽しさまで「クラスレス」な大盤振る舞い。ライバルはたぶん、もういない。
文:竹花寿実(Kimura Office)/写真:フォルクスワーゲン AG

新型ポロはプラットフォームを一新し、運転支援・快適装備も進化

サイズだけでなく、パッケージングもひとクラス上にできた理由は、横置きエンジン用モジュラープラットフォームであるMQBを採用したことが大きい。新型ポロには、ゴルフやパサートなどに採用されているMQBをコンパクトカー用に改良した「MQB A0」が用いられている。

幾何学的なパネルデザインが印象的なインパネには、第2世代のアクティブインフォディスプレイを用意。運転支援システムも充実している。フロントアシストやシティエマージェンシーブレーキ(歩行者検知機能付)、ブラインドスポット検知機能、ストップ&ゴー機能付アダプティブクルーズコントロールシステム、リアトラフィックアラートアシストなど、これまで上級モデルに設定されていた装備の数々を標準、またはオプションで用意する。

画像: 新型ポロはプラットフォームを一新し、運転支援・快適装備も進化

さらに、“カーネット”を介して様々なオンラインサービスが利用可能。専用のアプリを用いたデジタルユーザープラットフォームも利用できるなど、最新のモビリティサービスに対応している。

パワーユニットも進化している。2017年の発売時に用意されるエンジンは、ガソリンが6種類。最高出力65ps/75psの自然吸気3気筒1.0MPIが2タイプと、95ps/115psの3気筒ターボ1.0TSIが2種類、そして気筒休止システムを備えた150psの4気筒ターボである1.5TSI evo、さらにGTI専用の200psを絞り出す4気筒ターボの2.0TSIが揃う。ほかにディーゼルや、天然ガス3気筒ターボエンジンも設定される。

トランスミッションは5速または6速MTが標準で、一部に7速DCTも選択可能。アイドリングストップ機能や制動エネルギー回生機能は全車に備わる。トレンドラインとコンフォートライン、ハイラインの3種類の他、専用サウンドシステムを搭載した“ビーツ”と、高性能バージョンのGTIも設定される。

全方位的に商品力を高め、格段にエモーショナルなデザインをまとった新型ポロは、日本でも世界でも、ジャストサイズの「小さな巨人」として大いに注目されるだろう。

なお、ドイツにおける価格は19%の付加価値税込みで1万2975ユーロ(約160万円)からとなっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.