メルセデス・ベンツ日本がメルセデスAMG GTロードスター および メルセデスAMG GT C ロードスターを発表、同時に発売を開始した。完全受注生産となる。

メルセデスAMG GT Rゆずりの「AMGパナメリカーナグリル」を採用

メルセデスAMG GTロードスター/GT C ロードスターは、メルセデスAMG社による完全自社開発スポーツカー「メルセデスAMG GT」をベースに、自動開閉のアコースティックソフトトップを備えたスポーツカーだ。

画像: 8月25日、発表会はAMG東京 世田谷で開催された。カバー写真はメルセデス・ベンツ日本 上野金太郎社長とメルセデスAMGGT C ロードスター。

8月25日、発表会はAMG東京 世田谷で開催された。カバー写真はメルセデス・ベンツ日本 上野金太郎社長とメルセデスAMGGT C ロードスター。

搭載されるエンジンは、徹底した軽量化や低重心化、効率化を図ったAMG 4LのV8直噴ツインターボ。パワースペックは、GTロードスターが476ps/630Nm、GT C ロードスターが557ps/680Nmを発生する。トランスミッションは、デュアルクラッチ式の「AMG スピードシフト DCT」が組み合わされる。GTロードスターは「C(Comfort)」、「S(Sport)」、「S+(Sport Plus)」、「I(Individual)」の4つのモード。GT Cロードスターはこれに加えて、サーキットモードの「R(Race)」も設定する。

画像1: メルセデスAMG GT C ロードスター

メルセデスAMG GT C ロードスター

エクステリアでは、メルセデスAMG GT Rゆずりの「AMGパナメリカーナグリル」が印象的。1952年に開催された伝統的なレースであるカレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝を飾った「300SL」を彷彿させるとともに、空力効率も強化しているのがポイントだ。

画像: ソフトトップの色は、ブラック、レッド、ベージュの3色から選べる。

ソフトトップの色は、ブラック、レッド、ベージュの3色から選べる。

ロードスターの最大の特徴であるアコースティックソフトトップは、走行中でも50km/hまで開閉可能。作動はすべて自動で行われ、所要時間は約11秒。3層構造のソフトトップは、マグネシウム、スチール、アルミニウムを組み合わせて軽量化が図られている。

画像2: メルセデスAMG GT C ロードスター

メルセデスAMG GT C ロードスター

GTロードスター/GT C ロードスターには、クーぺと同等の運動性能を実現するために、ボディシェルの剛性を高める対策も施されている。ひとつは肉厚を大きくしたサイドスカート。ダッシュボードのクロスメンバーをウインドウスクリーンフレームとセンタートンネルに対して支えるストラットも追加している。またさらに、シート後方にロールバーを備えたアルミニウム製のクロスメンバーを設けているといった具合だ。

価格は、GTロードスターが18340万円、GT C ロードスターは2298万円。ハンドル位置は、GTロードスターは右/左とも選べるが、GT C ロードスターは左のみの設定となっている。なお全車完全受注生産となる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.