現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はスポーツカーにスポットを当てているが、今回は「ポルシェ 911GTS」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: ポルシェ 911 カレラGTS。カレラSの上をいく高性能だ。

ポルシェ 911 カレラGTS。カレラSの上をいく高性能だ。

カレラSにプラス30ps

GTSは他のグレード体系とは異なり、カレラ/カレラ4/タルガ4などに用意されるポルシェ流儀の“スポーティパッケージ”ともいうべき仕様だ。同じような設定はケイマン/ボクスターに限らず、カイエン、マカン、パナメーラにもある。

911GTSのトピックとしては、RRモデルでも標準ボディよりワイドなリアトラックを持つ“4”用ボディを採用する点。さらに水平対向6ツインターボエンジンも、“S”用を上回る450psにまで強化されているところだ。

注目ポイント:日本導入はPDK仕様のみ。テールライトなどをダーク処理とする他、インテリアもバックスキン調のハンドル、スポーツシートプラスと呼ばれる専用シートを標準装備する。

ポルシェ 911GTS 主要諸元

全長:4528mm
搭載エンジン:3L対6ツインターボ
最高出力:450ps/6500rpm
最大トルク:550Nm/2150-5000rpm
駆動方式:4WD
トランスミッション:7速DCT
車両価格:17,500,000~21,160,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.