スバルは、レガシィ・アウトバック/B4の大幅改良モデルを2017年9月4日に発表し、10月5日に発売する。

安全性能、走りと内外装の質感を大幅向上

今回の大幅改良では、運転支援システム「アイサイト」の進化をはじめ、スバルの強みである安全性能をさらに強化している。
「アイサイト」の機能として、後退時自動ブレーキシステムを追加し、全車速域追従機能付クルーズコントロールの車速域を0km/h〜約120km/hに拡大したほか、「アイサイトセイフティプラス」としてフロント&サイドビューモニターや、ハイビーム照射時に対向車・先行車への眩惑を防ぐアダプティブドライビングビームを採用。
さらに、ステアリング連動ヘッドランプも搭載し、全方位の安全性能を大幅に高めている。

また、サスペンションのチューニング変更や電動パワーステアリングの改良により、フラットな乗り心地と安定感のあるリニアなハンドリングを実現。
加えて、エンジン部品の軽量化やフリクション低減及び制御の見直しや、リニアトロニックチェーンの改良により、燃費と静粛性の向上を実現した。

画像: レガシィB4 リミテッド。ボディカラーはクリムゾンレッド・パール。

レガシィB4 リミテッド。ボディカラーはクリムゾンレッド・パール。

エクステリアは、アウトバックとB4のそれぞれの個性をさらに際立たせるデザインに一新した。
アウトバックは上質さや力強さ、存在感をさらに強調するデザインとし、B4はより上質かつスポーティなデザインとした。
また、新色のワイルドネスグリーン・メタリック(アウトバックのみ)とクリムゾンレッド・パールを採用し、レガシィのデザイン表現の幅を広げた

画像: レガシィ アウトバック リミテッド。ボディカラーはワイルドネスグリーン・メタリック。

レガシィ アウトバック リミテッド。ボディカラーはワイルドネスグリーン・メタリック。

インテリアは、センターパネルのデザインを一新して先進性を高めるとともに、インストルメントパネルにダブルステッチを施したほか、小径化した新デザインのステアリングホイールを採用して質感を向上している。
また、後席USB電源の追加やオートドアロック機能の採用等により、ドライブにおける乗員の利便性を大きく高めた。

パワートレーンは、いずれも2.5Lの水平対向4気筒DOHC、ミッションはリニアトロニック(CVT)、駆動方式はAWDのみの設定だ。
価格(税込み)は、B4の302万4000円〜アウトバック リミテッドの356万4000円。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.