アルファロメオの高性能スポーツサルーン「Giulia(ジュリア)」の発表会が2017年9月6日に都内で行われた。ついに待望の日本デビューということだが、発売は2017年10月14日(土)より開始される。

アルファロメオのDNAを受け継いだ新型ジュリア

1962年に誕生した初代ジュリア、そして1990年〜2000年に人気を博したアルファロメオ156やアルファロメオ159のDNAを受け継ぎ、同社のフラッグシップサルーンとして登場したのが新型ジュリアだ。

画像: ラグジュアリーグレードの「スーパー」は543万円。

ラグジュアリーグレードの「スーパー」は543万円。

ジュリアは4モデルをラインナップ

モデル構成は標準モデルの「ジュリア(446万円)」からはじまり、ラグジュアリーグレードの「ジュリア スーパー(543万円)」、スポーティグレードの「ジュリア ヴェローチェ(597万円)」、そしてハイエンドモデルの「ジュリア クアドリフォリオ(1,132万円)」の4モデルをラインナップする。

画像: 2L 直4マルチエアターボ(280ps)を搭載するヴェローチェは597万円。

2L 直4マルチエアターボ(280ps)を搭載するヴェローチェは597万円。

アルミやカーボンなどの軽量素材を使用

シャシは新設計のFRアーキテクチャーをベースに、アルミやカーボンといった軽量素材を多用することで、理想的な前後重量配分と卓越したパワーウェイトレシオを実現。さらに整流効果を高めるボディ底面のフラッシュサーフェイス化や、ブレーキフィールの向上と軽量化を両立する統合型ブレーキシステム、アルミ製アルファリンクサスペンションを全車に標準装備する。

また、最新の安全運転支援システム「歩行者検知機能付の前面衝突警報」や「自動緊急ブレーキ」なども搭載している。さらに「スーパー」、「ヴェローチェ」、「クアドリフォリオ」には、高速道路や自動車専用道路などでドライバーのストレスを軽減する「アダプティブクルーズコントロール」と「ブラインドスポットモニター」を標準装備。全グレードにレザーシートをはじめ、最新のインフォテインメントシステム「Connectシステム」を標準装備し、さまざまなコンテンツを8.8インチセンターディスプレイに表示する。

画像: 最新のインフォテインメントシステム「Connectシステム」を全車に標準装備。

最新のインフォテインメントシステム「Connectシステム」を全車に標準装備。

画像: スーパーは落ち着いた木目調のインテリアを採用。

スーパーは落ち着いた木目調のインテリアを採用。

2.9L V6ツインターボは510psを発生

エンジンは3種類用意され、1995cc直列4気筒マルチエア16バルブインタークーラー付ツインスクロールターボエンジンの200ps仕様はジュリアとジュリア スーパーに搭載。ヴェローチェには同パワーユニットの280ps仕様を。そしてクアドリフォリオには、510psを発生する2891cc V型6気筒DOHC 24バルブインタークーラー付ツインターボが搭載される。

画像: クアドリフォリオの車両価格は1,132万円。

クアドリフォリオの車両価格は1,132万円。

画像: 510psを発生する2.9L V6ツインターボエンジンを搭載するクアドリフォリオ。

510psを発生する2.9L V6ツインターボエンジンを搭載するクアドリフォリオ。

2018年 日本上陸予定の新型SUV ステルヴィオも披露された

画像: SUVのステルヴィオ(右)も、サプライズで公開された。1年以内に日本で発売開始するという。

SUVのステルヴィオ(右)も、サプライズで公開された。1年以内に日本で発売開始するという。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.