フェラーリは創業70周年を記念し、特別なラ・フェラーリ アペルタをオークションに出品。この収益は慈善事業団体のセーブ・ザ・チルドレンを支援するために寄付される。
画像: La Ferrari Aperta(ラ・フェラーリ アペルタ)。

La Ferrari Aperta(ラ・フェラーリ アペルタ)。

サザビースがオークションを開催する

ラ・フェラーリ アペルタは、オープントップ仕様のハイブリッドスーパースポーツカーで、フェラーリの創業70周年を記念して特別に開発された限定モデルである。それが9月9日(土)、フェラーリのフィオラノ サーキットで開催される創業70周年を記念イベントのひとつであるオークションに出品される。

フェラーリがオークションのために用意した1台は、特別なボディデザインに仕上げられている。ボディカラーは「ロッソ フォーコ」、ボンネットとリアにはメタリックの「ビアンコ イタリア」によるダブルレーシングストライプがあしらわれている。

なおこのオークションは、RMサザビースの主催で、単独ブランドのコレクターズカーを扱うオークションとしては史上最も注目されるものとなるに違いない。

またこのオークションの収益は全額、慈善事業段他のセーブ・ザ・チルドレンに寄付され、教育にフォーカスした国際プログラムに使われる予定だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.