現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はスポーツカーにスポットを当てているが、今回は「ロータス エヴォーラ」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: ロータス エヴォーラ 400。スポーツカーのお手本のようなワイド&ローのスタイリング。

ロータス エヴォーラ 400。スポーツカーのお手本のようなワイド&ローのスタイリング。

ゴージャスなスーパーモデル

アルミモノコックシャシ&FRPボディの後輪駆動ミッドシップレイアウトを採用しながら、2+2シーターとしたロータスのフラッグシップモデルだ。

搭載エンジンはトヨタ製3.5L V6の2GR-FEにスーパーチャージャーをプラスして最高出力406ps、最大トルク410Nmを実現している。基本は6速MTだが、パドルシフト付きの6速ATも用意されている。

画像: ボタン式のドライブセレクターが採用されている。

ボタン式のドライブセレクターが採用されている。

エアコンやパワーステアリングも備わっており快適、ストリートを中心にスーパーカーとして楽しめる。

注目ポイント:ミッドシップならではの高い運動性能と4人乗車+快適装備という、オールマイティな魅力を持ったフラッグシップモデル。非常にゴージャスなスーパーカーと言える。

画像: ミッドシップながら4つのシートを確保している。

ミッドシップながら4つのシートを確保している。

ロータス エヴォーラ 主要諸元

全長×全幅×全高:4390×1850×1240mm
搭載エンジン:3.5L V6DOHC SC
最高出力:406ps/7000rpm
最大トルク:410Nm/3000rpm
駆動方式:MR
トランスミッション:6速MT/6速AT
車両価格:12,582,000~13,089,600円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.