「第45回東京モーターショー2017」の開幕まであと1カ月半ほどとなったが、2万枚限定のプレビューデー入場券と前売入場券の発売はすでに8月1日から開始されている。行きたいと思っている人は前売り券を購入しておくことをお勧めしたい。(これは8月1日に掲載した記事を再編集したものです)
画像: 前回の東京モーターショーは2015年に開催され、入場者数は81万2500人を数えた。

前回の東京モーターショーは2015年に開催され、入場者数は81万2500人を数えた。

プレビューデー入場券は早い者勝ち

「第45回東京モーターショー2017」が、東京ビッグサイト(http://www.bigsight.jp/)で、10月25日から(プレスデー:10月25日、26日。特別招待日:10月26日。プレビューデー:10月27日。一般公開日:10月28日〜11月5日)開催される。

今回のテーマは「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」というもので、国内メーカー14社15ブランド、海外メーカー13社19ブランドが出展する。盛り上がりが大いに期待されるが、そのプレビューデー入場券と前売入場券の発売が、8月1日から開始されている。

プレビューデー入場券は2万枚限定で、一般公開日の前日である10月27日の12時30分から18時に入場できるもので価格は3500円(税込み)だ。さらにそのうちの150枚限定で「自動車ジャーナリストと巡る東京モーターショー参加権付き入場券」(9月12日時点で売り切れ)も用意されており、こちらは4000円(税込み)となる。

また、前売入場券も同時に発売を開始した。価格は一般1600円(当日券は1800円)、高校生500円(当日券は600円)となっている。購入は下記の東京モーターショーオフィシャルWebサイトで。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.