トヨタは「ハイラックス」を13年ぶりに日本市場へ導入し、全国のトヨタ店を通じて9月12日に発売した。
画像1: トヨタ、ハイラックスを13年ぶりに日本市場へ導入
画像: エクステリアは、「タフ&エモーショナル」をコンセプトに、迫力と躍動感を表現。

エクステリアは、「タフ&エモーショナル」をコンセプトに、迫力と躍動感を表現。

ハイラックスは1968年の発売開始以来、約180の国および地域で販売。累計世界販売台数は約1730万台と、世界各国で愛用されている。

ハイラックスの日本市場への導入にあたり、開発責任者である前田昌彦チーフエンジニアは、「日本国内では2004年に販売を終了しましたが、主に作業で使用する保有者が現在もなお約9000名いらして、復活して欲しいという声を多くいただきました。まず、このようなお客様にしっかりとお届けしたい」と語った。

画像: 荷台部にはサビや腐食に強い亜鉛メッキ鋼板を採用。

荷台部にはサビや腐食に強い亜鉛メッキ鋼板を採用。

画像: 開口幅は1380mm、最大床面長1565mm、最小床面幅1105mm、荷台高480mm、テールゲートの高さ845mmで、最大500kgまで積載できる。

開口幅は1380mm、最大床面長1565mm、最小床面幅1105mm、荷台高480mm、テールゲートの高さ845mmで、最大500kgまで積載できる。

さらに、「モノの機能的価値のみならず、モノを所有することで得られる特別な体験や時間といった意味的価値をお客様にご提案していきたい。もちろん、ハイラックスは、『1ナンバークラスで毎年車検が必要』『高速道路での料金が少し高い』など、実用面から選択されにくいクルマかもしれません。しかし、『堂々とした佇まいがもたらす、人とは違うモノを所有する喜び』や、『世界中で鍛え抜いたタフさ』を持ち合わせているクルマであると思います。また、『はつらつとした人生を楽しみたい』という思いを抱いている団塊世代のお客様に対し、アクティブなライフスタイルを送っているという表現の一助になることを期待しています」と語った。

画像2: トヨタ、ハイラックスを13年ぶりに日本市場へ導入

エンジンは、2.4Lディーゼル「2GD-FTV」を搭載。低回転域でも高トルクを発揮する動力性能を備えるとともに、高熱効率による優れた環境性能を実現し、走行燃費11.8km/Lを達成している。

画像3: トヨタ、ハイラックスを13年ぶりに日本市場へ導入

ヒルスタートアシストコントロールやアクティブトラクションコントロール、ダウンヒルアシストコントロールを設定することで、様々な路面状況に応じて駆動力を制御。オンロードからオフロードまで本格4WD車としての高い走行性能を実現している。

画像4: トヨタ、ハイラックスを13年ぶりに日本市場へ導入
画像5: トヨタ、ハイラックスを13年ぶりに日本市場へ導入

ダイヤル操作で駆動方式を選択できるパートタイム4WDシステムを装備。市街地や高速道路では静粛性や燃費性能に優れた2輪駆動とし、不整地や滑りやすい路面では4輪駆動に切り替えることで、快適性と走破性を両立する。

画像: インテリアは、随所に施したシルバー加飾、青色で統一した室内イルミネーションなどが、洗練さを演出している。

インテリアは、随所に施したシルバー加飾、青色で統一した室内イルミネーションなどが、洗練さを演出している。

ちなみにハイラックスの生産工場はトヨタ・モーター・タイランド(Toyota Motor Thailand Co., Ltd.)のバンポー工場となる・

画像6: トヨタ、ハイラックスを13年ぶりに日本市場へ導入
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.