将来の都市部におけるパーソナルモビリティの形を提示したのが「MINIエレクトリック コンセプト」。都市近郊で使用することを想定してデザインされたコンセプトカーは、今後ピュアEVによる生活がどのように変化するのかを示している。

EVになってもMINIの“ゴーカートフィーリング”は健在

六角形のラジエターグリルと丸型LEDヘッドライトがMINIのエレクトリックコンセプトであることを主張している。空力特性を向上させるためにラジエターグリルは閉じられ、フロントとリアバンパーにはカーボン製のディフューザーなどを装着することで高い空力特性を実現している。

強力な電気モーターを搭載することでMINIの特徴でもある“ゴーカートフィーリング”も組み込まれ、日常の足として使うために欠かせないコンパクトさと俊敏性を備えている。MINIは2019年にピュアEVの量産モデルを発表する予定になっている。

画像: 空力特性を向上させるためにラジエターグリルは閉じられたデザインを採用。

空力特性を向上させるためにラジエターグリルは閉じられたデザインを採用。

画像: リアバンパーにはディフューザーを装着し、高い空力特性を実現する。

リアバンパーにはディフューザーを装着し、高い空力特性を実現する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.