究極の三次元モータースポーツ、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ 2017シーズン第7戦 ラウジッツ大会で室屋義秀選手が今シーズン3度目の優勝を果たして、総合順位も2位に浮上した。

コースはレーシングサーキットの上!

レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ第7戦は9月16〜17日、ドイツのラウジッツで開催された。かつてラウジッツリンクとして知られた全長2マイル(3.2km)のトライオーバル型レーストラックで、ここにパイロンを設置してコースが設定されている。

画像: コースはトライオーバル型レーストラック内に設置された。このコースを2周してタイムを競う。

コースはトライオーバル型レーストラック内に設置された。このコースを2周してタイムを競う。

第6戦終了時点で総合ランキング4位につけている室屋義秀選手は、決勝1戦目のラウンド・オブ 14を慎重なフライトで通過すると、次のラウンド・オブ 8では一転鋭いフライトで総合ランキングで3ポイント差のカービー・チャンブリス選手(アメリカ、6戦終了時点で総合ランキング3位)を退け、第4戦ブダペスト大会以来となるファイナル4に進出した。

画像: レース中の室屋機。サーキットのスタンドがエアレースでも観戦スタンドになっている。

レース中の室屋機。サーキットのスタンドがエアレースでも観戦スタンドになっている。

ファイナル 4でも切れ味のあるフライトで50秒451のタイムを叩き出すと、同じくファイナル 4に勝ち進んだマルティン・ソンカ選手(チェコ、室屋選手と10ポイント差の総合ランキング1位)はそのタイムを更新することができず3位で終わり、室屋選手は今シーズン3度目の優勝を手に入れた。2位はマット・ホール選手(オーストラリア)。

画像: 上空から見たレース中の室屋機。下に見えるのは、レーシングサーキットそのもの。

上空から見たレース中の室屋機。下に見えるのは、レーシングサーキットそのもの。

この優勝で15ポイントを獲得した室屋選手は総合ポイントを59に伸ばし、1位のソンカ選手とは4ポイント差の総合ランキング2位となった。
最終戦は、10月14〜15日にアメリカ・インディアナポリスで開催される。ここもラウジッツ同様、インディアナポリス・モータースピードウェイの上にコースが設定される。
今年のインディ500で佐藤琢磨選手が優勝したコースの上で、室屋選手が優勝してシリーズチャンピオンを獲得することに期待しよう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.