トヨタはスポーツカーシリーズとして、新たに「GR」を投入すると発表した。これまでスポーツコンバージョン車シリーズ「G Sports(通称G's=ジーズ)」としてスポーツカーの楽しさを提供してきたが、今後は「GR」シリーズに一新して車両ラインアップやパーツ等の新アイテムを充実させるとともに、走ることを通じてクルマを楽しむ文化を育てる取り組みを強化していく。
画像: 東京・お台場にあるメガウェブで発表会を実施。豊田章男社長は「ニュルブルクリンクでテストする車両が、当初はもう発売されていないスープラを使っていた。しかし、他のドイツメーカーはこれから発売するクルマでバトルをしながらテストを行っていた。この状況はなんとも悔しかった。これを原点にして、GAZOO RACINGが始まりました。今後はこのGRのブランドをたくさんのお客様に届けて、みなさんを笑顔にさせる存在になっていきたい」と熱く語った。

東京・お台場にあるメガウェブで発表会を実施。豊田章男社長は「ニュルブルクリンクでテストする車両が、当初はもう発売されていないスープラを使っていた。しかし、他のドイツメーカーはこれから発売するクルマでバトルをしながらテストを行っていた。この状況はなんとも悔しかった。これを原点にして、GAZOO RACINGが始まりました。今後はこのGRのブランドをたくさんのお客様に届けて、みなさんを笑顔にさせる存在になっていきたい」と熱く語った。

「GR」は、「もっといいクルマづくり」を目指すGAZOO Racing Companyが、ニュルブルクリンク24時間耐久レース(ドイツ)や、全日本ラリーなどのモータースポーツ活動を通じてクルマと人を鍛え、そこで得た知見やノウハウを注ぎ開発した新しいスポーツカーシリーズとなる。

画像1: トヨタのスポーツカーシリーズ「GR」を発表〜それはニュルでの悔しさから始まった by モリゾウ

モデル体系としては、エンジン内部にもチューニングを施した数量限定販売の「GRMN」を頂点に、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデルの「GR」、ミニバンなどにも設定し、気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR SPORT」を設定する。また、カスタマイズを楽しめるアフターパーツ「GR PARTS」も設定。走りの機能を追求するパーツとして、将来的には機能系アイテムも導入する計画である。

「GR」シリーズの第一弾として、ヴィッツに「GR」と「GR SPORT」を、プリウスPHV、ハリアー、マークX、ヴォクシー、ノアに「GR SPORT」を設定し、全国のトヨタ販売店を通じて9月19日に発売した。

また、今後ヴィッツに「GRMN」、86に「GR」、アクアとプリウスαに「GR SPORT」を追加し、ヴィッツGRMNは2018年春ごろ、86“GR”、アクア“GR SPORT”、プリウスα“GR SPORT”は今冬に発売する予定。

画像2: トヨタのスポーツカーシリーズ「GR」を発表〜それはニュルでの悔しさから始まった by モリゾウ
画像3: トヨタのスポーツカーシリーズ「GR」を発表〜それはニュルでの悔しさから始まった by モリゾウ
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.