9月20日、アウディジャパンが新型Q5 SQ5を発表した。また、新型Q5の誕生を記念した限定車「Q5 1st edition」(250台限定)も登場、いずれも10月2日より発売が開始される。

8年ぶりのフルモデルチェンジ

Q7に続くアウディのQシリーズの第2弾としてデビューした初代Q5は、2009年に日本市場に登場するやたちまち主力となった人気モデル。世界市場でも人気は高く、累計販売台数は160万台、8年目を迎えた昨年も28万台をデリバリーするベストセラーだ。


今回発表されたのはその2代目で、新世代MLB evoモジュラープラットフォームをベースに開発されているのがポイント。ボディサイズは先代よりもやや拡大されているが、車両重量は60kgほど軽量化されている。

画像: Q5のボディサイズは全長4680mm、全幅1900mm、全高1665mm、ホイールベース2825mm。クーぺのようなルーライン、ラップラウンドのボンネットとテールゲートが特徴的。

Q5のボディサイズは全長4680mm、全幅1900mm、全高1665mm、ホイールベース2825mm。クーぺのようなルーライン、ラップラウンドのボンネットとテールゲートが特徴的。

車種構成は、Q5が基本的に252psの2L直4ターボエンジンを搭載する「2.0TFSIクワトロ」の1車種で、エアサスペンション仕様も設定される。組み合わされるクワトロシステムはマルチプレートクラッチセンターデフとリアデフにデカップリングクラッチを装備した最新型で、トランスミッションは7速Sトロニックとなる。

デビューと同時に設定されたSQ5は、S4/S5ゆずりの3L V6ターボエンジンを搭載、クワトロシステムはセルフロッキングセンターデフを使ったスポーツ仕様、トランスミッションは大きなトルクに対応する8速ATとなる。


もちろん技術面でも最先端を行くもので、トラフィックジャムアシストやプレセンスシティ、アダプティブクルーズコントロール、マトリックスLEDヘッドライト、バーチャルコックピット、アウディコネクトといった機能が備えられている。

価格は、Q5 2.0TFSIクワトロが657万円、SQ5が887万円。Q5 2.0TFSIクワトロをベースに特別な装備が施された「Q5 1st edition」(250台限定)は704万円となっている。


Q5 2.0TFSIクワト主要諸元

●サイズ=4680×1900×1665mm ●車両重量=1820kg ●エンジン=直4DOHCターボ 1984cc ●最高出力=252ps/5000-6000rpm ●最大トルク=370Nm/1600-4500rpm ●駆動方式:4WD ●トランスミッション=7速DCT ●ハンドル=右 ●車両価格=657万円

SQ5主要諸元

●サイズ=4685×1900×1635mm ●車両重量=1930kg ●エンジン=V6DOHCターボ 2994cc ●最高出力=354ps/5400-6400rpm ●最大トルク=500Nm/1370-4500rpm ●駆動方式:4WD ●トランスミッション=8速AT ●ハンドル=右 ●車両価格=887万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.