三菱自動車は、2017年10月25日(水)から11月5日(日)まで開催される第45回東京モーターショー2017において、三菱自動車の新たな成長と発展、これからのクルマづくりの方向性を示唆するコンセプトカー「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初披露する。
画像: 三菱自動車、第45回東京モーターショー2017にコンセプトカー「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初披露。

同車は、三菱が得意とするEV(電気自動車)技術や四輪制御技術に代表されるSUVノウハウを一層進化させるとともに、新たにAI技術を搭載したクロスオーバーSUVタイプのハイパフォーマンスEVで、乗る人の行動意欲を駆り立て、一歩先へと踏み出す気持ちを後押しするクルマとして提案されるもの。

三菱自動車は、2006年にi-MiEVでリチウムイオンバッテリーを用いたEVを投入し、2015年に登場したアウトランダーPHEVではEVの機能を最大限に生かしたハイブリッド車とし、技術的には高いのは定評のあるところ。なおかつ車名に「EVOLUTION」を付けるだけに、MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」がどのようなものとなっているか、非常に期待される。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.