2004年〜2012年まで週刊プレイボーイに連載された異色のクルマ漫画「彼女のカレラ」がついに、モーターマガジン社のFAN BOOKシリーズに加わります! 9月29日の発売を前に、アナタだけに中身をこっそり教えちゃいましょう。今回は主人公・麗菜と当初はいがみ合い、最後は親友となるフェラーリ・マニアの売れっ子漫画家・霧島ぱるこの愛車遍歴をどうぞ!
画像: いがみ合いながらも、ぱるこ(上)と麗菜は友情を深めていく。(ⓒSTUDIO TRON)

いがみ合いながらも、ぱるこ(上)と麗菜は友情を深めていく。(ⓒSTUDIO TRON)

フェラーリ以外はクルマじゃないと言い切る霧島ぱるこは、16歳で漫画家デビュー、18歳でフェラーリ・テスタロッサを購入しています。海老名サービスエリアでポルシェ・オーナーの麗菜と運命的(?)な出会い。この時のぱるこは、フェラーリ360モデナF1に乗っていました。ちなみにボンネットやボディサイドには自身の連載漫画「跳ね馬クルセイダーズ」のロゴマークが貼られているので、とにかく目立ちます! のちにテスタロッサと360モデナを下取りに出して、フェラーリF40を購入。麗菜にドライブさせるも、あまりの動力性能の高さに翻弄されてしまいます。

画像: テスタロッサとモデナを下取りに出してF40を購入!

テスタロッサとモデナを下取りに出してF40を購入!

というわけで、月曜日にも「カノカレ」にまつわるさまざまなエピソードや誌面の一部なども紹介していく予定です。麻宮騎亜ファンの皆様、スポーツカー好きの皆様、そしてなによりクルマが好きな皆様、ホリデーオート編集部が総力を上げて編集した「彼女のカレラFAN BOOK」にご期待ください! 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.