現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はA、Bセグメントのコンパクトカーにスポットを当てているが、今回は「アバルト 595」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: アバルト 595C ツーリスモ。愛らしさと精悍さが同居。

アバルト 595C ツーリスモ。愛らしさと精悍さが同居。

コンパクトボディに秘めた底力

フィアット500の高性能バージョン「アバルト500」が2月のフェイスリフトを機にアバルト595に統一された。精悍なデザインのバンパーやLEDデイライトを備えたエクステリア、アップデートされたTFTメーターやナビ設定を可能としたインテリアがポイント。

画像: パドルシフトを備えたレザーハンドルを採用。

パドルシフトを備えたレザーハンドルを採用。

エンジンは1.4L 4気筒ターボのマルチエアで、595が145ps、595ツーリズモが165ps、595コンペティツィオーネが180psとパワーアップした。ツーリズモにはオープンソフトトップの“C”も設定されている。

注目ポイント:電動オープンのソフトトップを備えたツーリングの“C”をはじめ、さらに強力な190ps+ドグミッションのサーキット用2シーターとなる695ビポストがラインナップされる。

画像: シリーズ唯一のオープンエアモデルが595Cツーリスモ。

シリーズ唯一のオープンエアモデルが595Cツーリスモ。

アバルト 595/695 主要諸元

全長:3660~3675mm
搭載エンジン:1.4L直4ターボ
駆動方式:FF
トランスミッション:5速MT/5速AMT
車両価格:2,937,600~8,456,400円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.