2017年9月29日、ジャガー・ランドローバー・ジャパンがジャガーFタイプの2018年モデルを発表した。新たに300ps仕様のINGENIUMエンジン搭載モデルや2018年モデル限定グレードの「400 SPORT」など全28種の充実のラインナップだ。
画像: ジャガー Fタイプ クーペ。新たに2LのINGENIUMエンジンを搭載した。

ジャガー Fタイプ クーペ。新たに2LのINGENIUMエンジンを搭載した。

400psの3L V6も登場

これまでランドローバー車が搭載していた2L 直4DOHCターボエンジン(最高出力300ps/最大トルク400Nm)のINGENIUMが、2018年モデルでジャガーFタイプにも移植されることになった。

これはエントリーモデルという位置づけでクーペの車両価格は794万円、コンバーチブルは959万円となる。これはV6およびV8エンジンモデルよりフロントが軽くなるので、軽快な走りが期待できそうだ。

画像: ジャガー Fタイプ 400 SPORT COUPE。車名どおり400psエンジンを搭載する。

ジャガー Fタイプ 400 SPORT COUPE。車名どおり400psエンジンを搭載する。

また、2018年モデル限定グレード「400 SPORT」も注目だ。3LのV6スーパーチャージャーエンジンをベースの380psから400psにパワーアップ。その他、20インチアルミホイールやパフォーマンスシートなどが装着されている。

また、モデル全体ではLEDヘッドランプやフロントバンパーに新デザインを採用、さらにコネクティビティ機能も強化された。車両価格は794〜1952万円となった。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.