ランボルギーニ スーパートロフェオ ワンメイクシリーズの新しいレース用モデルとして「ウラカン スーパートロフェオ EVO」が発表された。エアロダイナミクスの改良、電子デバイスの搭載など大きく進化を遂げている。

2018年シーズンよりデビュー

ウラカン スーパートロフェオ EVOは、ランボルギーニ チェントロステーレ、ランボルギーニ スクアドラコルセ、ダラーラエンジニアリングと共同で開発が進められたもので、カーボンファイバー製のボディパーツのほとんどすべて部品を新設計しているという。特徴的なのはリアフードに設けられたリアフィンとエアインテーク。これらにより高速域での走行安定性が大幅に高められたという。


このモデルは2018年シーズンより欧州、アジア、北米の三大陸シリーズに登場する予定。またこのモデルはトロフェオシリーズだけでなく、GT選手権や各国で開催されている耐久レースにも参戦可能というから、GT3のレギュレーションにほぼ合致しているということだろう。

このモデルをベースとした市販公道モデルの登場も期待される。

画像: 2018年シーズンよりデビュー
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.