ダイハツはキャストを一部改良し、10月4日から発売した。2015年9月に発売されたキャストは、「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに開発された軽自動車のクロスオーバーカーだ。

今回の一部改良では、「アクティバ」「スタイル」については、フロントグリルの意匠を変更。カラーバリエーションの追加や、ルーフをボディカラーとは異なるカラーでデコレーションできるデザインフィルムトップの設定を拡大した。

安全装備も進化し、“SAⅢ” グレードに歩行者にも対応した緊急ブレーキを備えた衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を搭載。また4つのカメラにより車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」も採用した。

画像: 歩行者を検知し、危険がある場合は自動的にブレーキをかける「スマートアシストⅢ」搭載グレードを拡充された。

歩行者を検知し、危険がある場合は自動的にブレーキをかける「スマートアシストⅢ」搭載グレードを拡充された。

内装は、インテリアのアクセントカラーの設定を変更したことで、各車の個性を強化しながら、ユーザーの好みにピッタリの合うを1台を選べるようになった。

また、これまでは「アクティバ」「スタイル」に設定していた特別仕様車「プライムコレクション」を標準グレード化するとともに、価格については一部グレードを除き据え置きとし、買いやすい価格設定とした。

キャスト グレード構成&希望小売価格(消費税込み)

画像: ※5:natural aspiration(自然吸気エンジン) ※6:turbo charger(ターボエンジン) ☆ はトップ画像のグレード

※5:natural aspiration(自然吸気エンジン) ※6:turbo charger(ターボエンジン) ☆ はトップ画像のグレード

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.