三菱自動車のコンパクトSUV「RVR」に、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現した特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」が新たに加わった。これはベースの「RVR」のエクステリア変更や予防安全技術「e-Assiste」を追加するなどの一部改良に伴うもの。これで「ACTIVE 技AR」の設定はデリカD:5、アウトランダーに続く第三弾となる。
画像: 【三菱】「RVR」に特別仕様車「ACTIVE GEAR」を設定して発売

RVRの安全装備充実に、加え特別仕様車設定

RVRの特別仕様車「ACTIVE GEAR」は、11月16日(木)よりラインアップに加わる。これは、SUVの楽しさ、頼もしさを一層強調し、アウトドアとレジャーシーンに映えるデザインを意識したもの。エクステリア・インテリアの要所にアクセントカラーとしてオレンジ色を配したのは、同色がアウトドアの本格派が使う登山ロープやバックパックなどのギヤ(道具)に採用される色で、その機能性の高さを表現しているとともに太陽や炎を連想させ、「新しいことへの挑戦」も意味する。
 ベースはRVRの「G」グレード。LEDデイライトカバーとウインカー付電動格納式リモコンドアミラーをオレンジとしたほか、フロントスキッドプレートとアルミホイール、ベルトラインモールをブラックで統一するなど、ファッション性をアップ。インテリアもステアリングホイール、シフトノブ、センターアームレストなどにオレンジのステッチを施しながら、パワーウインドウスイッチパネルはブラックとし、メリハリの利いたインテリアとしている。

画像: RVRの安全装備充実に、加え特別仕様車設定

ベースとなるRVRもエクステリアなどを変更

スタンダードな「RVR」も先行して一部改良となっている。主な変更点は、フロントバンパーとフロントグリル、リヤバンパーのデザインを変更し、テールゲートにメッキガーニッシュを採用して、アグレッシブでスポーティなイメージとしたこと。インテリアもセンターパネル、シフトポジションインジケーターパネルのデザインを変更するなど、より質感を向上させている。ディスプレイオーディオにスマートフォンとの協調機能を追加したスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)をメーカーオプションとするなど機能装備の充実も図った。

価格は「ACTIVE GEAR」が、245万5920円〜275万7240円、ベースのRVRが、205万8480円〜254万1240円。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.