日本だけでなく世界中で快進撃を進めているMINIのコンパクトSUV、MINIクロスオーバーにベーシックグレードとなるガソリン車のMINI ONE クロスオーバーが2017年10月5日に追加・発売された。

MINI ONE クロスオーバーは1.5L直列3気筒ターボエンジンを搭載

これまでMINIクロスオーバーには、ハイパフォーマンスモデルのJCW(ジョンクーパーワークス)を除いてディーゼルエンジンとPHEVしかラインナップされていなかった。しかし今回、初の純粋なガソリン車である“MINI ONE クロスオーバー”が追加された。ONEの位置付けはMINI クロスオーバーのスタンダードなモデルとなる。

画像: MINI ONE クロスオーバーはSUVらしくルーフレールを標準装備されている。

MINI ONE クロスオーバーはSUVらしくルーフレールを標準装備されている。

搭載されるエンジンは最高出力102ps/4100rpm、最大トルク180Nm/1200-3800rpmを発生する1.5L直3ターボエンジンで、6速ATが組み合わされて前輪を駆動する。

価格は335万円となり、クーパーDクロスオーバーと比べて約60万円も低い設定となる。世界で人気のモデルが手に入れやすい価格になった。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.