現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はCセグメントモデルにスポットを当てているが、今回は「ルノーメガーヌ エステート」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: ルノー メガーヌ エステート GT220。ネーミングのとおり、220psエンジンを搭載する。

ルノー メガーヌ エステート GT220。ネーミングのとおり、220psエンジンを搭載する。

2Lターボは220psを発揮

5ドアハッチバックと同様、多彩なボディバリエーションのひとつとして導入されたステーションワゴンモデルだ。

グレード展開は5ドアに準じるものの、モデル中期にはGT220と呼ばれるR.S.同様の2Lターボ+6速MTを投入するなど、スポーツワゴンとしてのポジショニングを築いた。

現在はこのGT220と1.2L直噴ターボ+6速EDCのGTラインの2グレード構成。サスペンションの設定も含め、ハッチバックと遜色ないダイナミクス性能を備えている。

注目ポイント:現在はハッチバックでも選択可能なGT220だが、やはりターボエンジンのMTワゴンという選択肢は唯一無二。「R.S.志向だけど家族想い」の人に、おすすめしたい。

ルノー メガーヌ エステート 主要諸元

全長×全幅×全高:4565×1810×1490mm
搭載エンジン:1.2L直4ターボ/2L直4ターボ
駆動方式:FF
トランスミッション:6速MT/6速DCT
車両価格:2,859,000~3,279,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.