住友ゴム工業は、10月25日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」にDUNLOP(ダンロップ)、FALKEN(ファルケン)ブランドでブースを出展する。

ダンロップブース:革新の歴史と未来

DUNLOPブースでは、DUNLOPの「革新の歴史」と「未来に向けた挑戦」をコンセプトに展示を行う。1888年から続くDUNLOPの歴史は、常に先進の技術を生み出してきた「挑戦」の歴史。その歴史を踏まえ、未来のモビリティ社会に求められる高度な安全性能と環境性能を実現する新技術をわかりやすくご紹介するとともにコンセプトムービーを上映する。

画像: DUNLOPブースは、新技術のコンセプトムービーが流れる。

DUNLOPブースは、新技術のコンセプトムービーが流れる。

ファルケンブース:躍動感のあるイメージ

FALKENブースでは、2015年からサポートしている、「Red Bull Air Race World Championship 2017」に参戦する「Team FALKEN」の室屋義秀選手の機体模型を展示するほか、「ニュルブルクリンク24時間レース」などの映像により、FALKENの若々しく躍動感があるブランドイメージを訴求する。

画像: FALKENブースでは、FALKENブランドでサポートしているエアレース世界選手権、室屋義秀選手の機体模型を展示する。

FALKENブースでは、FALKENブランドでサポートしているエアレース世界選手権、室屋義秀選手の機体模型を展示する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.