ジャガー・ランドローバーのSVO(スペシャル・ビークル・オペレーション)と言えば、同社の高性能、高品質車を開発する特別な部門だが、そこがイギリスの人気シェフ、ジェイミー・オリバーのために究極のキッチンカーを作った。ちょっと笑えるその内容を紹介しよう。
画像: イギリスの人気シェフ、ジェイミー・オリバーのために開発された。

イギリスの人気シェフ、ジェイミー・オリバーのために開発された。

そこまでやるか!?

ジャガー・ランドローバーのSVOは最近では“ジャガーXE SV プロジェクト8”と名のもとに、超高性能ジャガーXEの開発を手がけた。最高出力600psの5L V8スーパーチャージャーを搭載するロードカーで、世界限定300台、日本へは8台が割り当てられたモデルだ。さらにジャガーFタイプSVRは、そもそもがSVOの手によるものだ。

画像: ベース車のディスカバリーの収納力には改めて驚いた。

ベース車のディスカバリーの収納力には改めて驚いた。

こうしたモデルを開発してきたSVOが、究極のキッチンカーを開発したというのだから驚く。しかもイギリスの有名なシェフでありテレビタレントの要望を100%以上実現したというから注目しないわけにはいかないだろう。

画像: なんともシュールな光景である。

なんともシュールな光景である。

驚く(笑える)ポイントはいくつかあるが、まずはセンターコンソールにあるトースターに目を引かれる。こんなところにあったら周囲がパンの粉でよごれてしまう、なんて考えてしまうとこのクルマのことは何も理解できない。

画像: PはPepper、SはSalt、NはNothingだそう。

PはPepper、SはSalt、NはNothingだそう。

次はリアハッチゲートを開いて引き出す折り畳み式の調理台に注目。こんな大きなものがよく収納できるものだと、改めてベース車であるランドローバーディスカバリーのスペースユーティリティの高さに感心する。そしてここにも工夫はいっぱい。塩・胡椒のクラインダーがギアシフトをイメージした形で作られている。

画像: なにもこんなにクルマの近くで焼かなくても、と思うが、それは野暮な考え。

なにもこんなにクルマの近くで焼かなくても、と思うが、それは野暮な考え。

さらにフロントグリルのエンブレムから軸が伸び、これはバーベキューコンロへと繋がる。写真のように豪快に肉を焼くことができる。

さて、この手の超特別仕様車については言葉で説明しても、どうしてもわかりにくいところがあるもの。幸いなことにランドローバーによる制作過程のムービーがあるので、それをじっくりと見ていただきたい。気持ちが和みます。

画像: Land Rover Discovery - Jamie Oliver’s Bespoke Discovery youtu.be

Land Rover Discovery - Jamie Oliver’s Bespoke Discovery

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.