あと1カ月もすれば、北海道や東北地方などでは冬シーズンに入っていく時季。今シーズンも各社から新しいスタッドレスタイヤが続々と登場した。そんなスタッドレスタイヤの“いま”を紹介しよう。
画像: 古いスタッドレスタイヤだとゴムが硬くなり、まだ山があっても新品時のパフォーマンスが望めないことも…。

古いスタッドレスタイヤだとゴムが硬くなり、まだ山があっても新品時のパフォーマンスが望めないことも…。

冬道の安心/安全はまず足もとを見直そう

今シーズンも各社から最新のスタッドレスタイヤが登場した。
冬の路面はさまざまに変化する。アイスバーン/圧雪/シャーベット/ウエット/ドライ…あらゆる路面が顔を出す。

スタッドレスタイヤは、そんな「あらゆる路面」で、安全/安心のドライブを支えるアイテム。だから愛車のタイヤを見て溝が減っていたり、すでに3シーズン以上履いていたりしたら、新しいスタッドレスタイヤに履き替えることを検討しよう。

ゴムは年月が経つと硬くなるから、古いタイヤだとまだ山があっても購入当初のパフォーマンスが見込めないことだってある。ヒヤッとする前に、まずは足もとのタイヤを見直したい。

冬の路面で一番怖いのは、やはりアイスバーンだろう。北海道の大都市圏の交差点では、人が歩くのも難しいほど磨かれた、スケートリンクのような状況の場所もあるし、また大きめの街道でも、日陰になるとブラックアイスバーンが隠れていることもある。基本的には各社、この氷上ブレーキ性能を向上することに重点を置いている。

降雪地域に住む人なら理解できると思うが、ここ10年単位でも冬の天候が大きく変わっている。またインフラの整備によって、10年前とは冬の道路環境がかなり変化しているのも事実だ。

具体的に言えば、除雪が行き届くようになったことで、降雪地域の高速道路では真冬でもドライ路面が多い…とか、気温が高くなったことで、昼は雪が溶けアスファルトが顔を出すウエット路面が多くなった…などがそれにあたる。

そんな「最新」の冬路面を徹底的に研究し、商品に落とし込んでいるのが「最新」スタッドレスタイヤということができるだろう。氷上ブレーキ性能向上が第一の目標としつつ、それに加えウエットグリップ、ロングライフ、静粛性など「プラスα」の性能を追求している。

ドライ性能は、各社とも10年前のスタッドレスとは比べものにならないほどしっかりしている。速度レンジは「Q(160km/h)」のタイヤがほとんどだが、ふつうに高速道路を走行するだけだと、サマータイヤと違いが分からない人も多いくらいしっかりしたドライ性能を持つスタッドレスが多くなった。

安全は、まず足もとから。最新スタッドレスタイヤのそれぞれの個性を見ていこう。

オススメその1 ブリヂストン ブリザック VRX2 NEW!

BRIDGESTONE BLIZZAK VRX2

定評のある氷上ブレーキ性能をさらに向上。高い摩耗ライフ、静粛性も実現

降雪地域主要5都市での装着率が16年連続No.1という、ブリヂストンのスタッドレスブランドが「ブリザック」だ。今年(2017年)に登場したブリザックの最新モデルがVRX2となる。新開発「アクティブ発泡ゴム2」で氷路面のブレーキ性能を従来比10%短縮、また新「非対称パタン」と「アクティブ発泡ゴム2」の組み合わせで摩耗ライフ性能22%向上、また静粛性も向上(騒音エネルギー31%低減)と、大幅な性能向上を実現している。すべてメーカー希望小売価格を設定する。

画像: 12〜20インチ、35〜80シリーズ 全109サイズ 価格:9018〜9万0504円(1本、税込)

12〜20インチ、35〜80シリーズ 全109サイズ 価格:9018〜9万0504円(1本、税込)

オススメその2 ヨコハマ アイスガード シックス NEW!

YOKOHAMA IceGUARD 6

「氷に効く」「永く効く」「燃費に効く」に加え「ウエットに効く」の性能向上

除雪技術の普及や気温上昇による道路環境の変化から、従来のアイスガードの基本コンセプト「氷に効く」「永く効く」「燃費に効く」に加え第4のベネフィットとして「ウエットに効く」を追加したヨコハマの最新スタッドレスがアイスガードシックスだ。コンパウンドには「プレミアム吸水ゴム」を採用。従来品に比べ氷上制動性能を15%、ウエット制動性能を5%向上したほか、性能の持続性、低燃費性能も従来品同等レベル以上を確保しているのが特徴だ。

画像: 13〜19インチ、35〜80シリーズ 全95サイズ 価格:オープン

13〜19インチ、35〜80シリーズ 全95サイズ 価格:オープン

オススメその3 グッドイヤー アイスナビ セブン NEW!

GOODYEAR ICE NAVI 7

氷上ブレーキ性能はさらにアップ。冬季のさまざまな路面に対応する

1997年に登場、20年にわたり日本で販売されるグッドイヤーのスタッドレスタイヤブランドが「アイスナビ」。その最新モデルが愛すナビセブンだ。新パターンデザイン「セブン・エフェクティブ・デザイン」やパターンエッジ成分13%アップの「ウルトラ・NABIブレード」、「エキストラ・コンタクト・コンパウンド」の採用などにより、従来より氷上ブレーキ性能を7%アップ、ウエットブレーキ性能2%アップ、低燃費性能も4%向上している。

画像: 13〜19インチ 35〜80シリーズ 全67サイズ 価格:オープン

13〜19インチ 35〜80シリーズ 全67サイズ 価格:オープン

オススメその4 ダンロップ ウインターマックス02

DUNLOP WINTER MAXX 02

「効きもち」「ロングライフ」「氷上性能」の性能を実現。CUV対応サイズも追加

住友ゴムの新材料開発技術「4Dナノデザイン」によりシリカの分散性を高めた、新開発「超密着ナノフィットゴム」と、最適なパターン形状とした「MAXXグリップパターン」により、従来比で氷上ブレーキ性能を12%向上。さらにバイオマス材料「しなやか成分」により長期間ゴムのしなやかさを維持することが可能になり、凍結路面での氷上性能を長期間持続する。今シーズンはCUV対応サイズを13サイズ追加。CUV専用チューニングが施される。

画像: 13〜20インチ 40〜80シリーズ 全104サイズ 価格:オープン

13〜20インチ 40〜80シリーズ 全104サイズ 価格:オープン

オススメその5 トーヨータイヤ オブザーブ ガリット ギズ

TOYO TIRES OBSERVE GARIT GIZ

“吸水”“密着”“ひっかき”で冬のあらゆる路面でも安心

トーヨータイヤの乗用車用スタッドレスタイヤブランドが「ガリット」、その最新モデルが「オブザーブ ガリットGIZ」だ。新開発のトレッドコンパウンド「NEO吸着ナノゲルゴム」、トレッドパターン「新吸着3Dサイプ」「コンビネーションブロック」などの採用により、吸水/密着/ひっかきの3つの校歌で氷をしっかりと捉え、優れたアイス性能を発揮。アイス制動性能が従来比10%向上。アイスコーナリング性能も14%向上している。

画像: 13〜18インチ 45〜80シリーズ 全64サイズ 価格:オープン

13〜18インチ 45〜80シリーズ 全64サイズ 価格:オープン

オススメその6 ミシュラン エックスアイススリープラス NEW!

MICHELIN X-ICE 3+

新品時はもちろん摩耗時においても優れた氷上性能を発揮する

ミシュランのタイヤづくりのポリシーである「ミシュラン・トータル・パフォーマンス」を受け継ぐ現行品、X-ICE3の総合性能はそのままに、アイス性能をさらに向上させた新商品が「X-ICE3+」。「Mチップ」と呼ばれる物質がしっかり詰まっている「表面再生ゴム」を採用、摩耗が進むとMチップが溶け出し無数の穴が現れ水膜を除去。従来品に比べ新品時のアイス制動性能4.5%、摩耗時のアイス制動性能11.5%向上を実現している。

画像: 16〜18インチ 45〜65シリーズ 全15サイズ 価格:オープン

16〜18インチ 45〜65シリーズ 全15サイズ 価格:オープン

※「NEW!」は今シーズン登場したタイヤです。

■文/商品解説:ネギシマコト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.