いま新車マーケットでの人気ジャンルは何と言っても“SUV”だろう。そして各メーカーから続々と魅力的なニューモデルがデビューしている。この連載企画ではそうした人気SUV、ブランドなりのこだわりを持つ“プレミアムSUVとクロスオーバー”を順次紹介していく。今回は「アウデQ7」だ。(Motor Magazine Mook「プレミアムSUV パーフェクトブック 2017-2018」より)
画像: アウディQ7 3.0TFSI クワトロ。全長5mを超えるビッグサイズ。

アウディQ7 3.0TFSI クワトロ。全長5mを超えるビッグサイズ。

2世代目はダウンサイジングで軽量化

オプションで3列シートを選択することもできるフラッグシップSUVモデル。2005年にアウディ初のSUVとして初代モデルが誕生した。第2世代となる最新モデルはわずかながらダウンサイジングし、さらにアルミ複合材を多用することで従来モデルより最大300kgもの軽量化を実現している。

画像: 大型SUVモデルではあるが空力性能に優れ、Cd値は0.31を達成して燃費向上にひと役買っている。

大型SUVモデルではあるが空力性能に優れ、Cd値は0.31を達成して燃費向上にひと役買っている。

日本では2016年にデビューし、販売が開始された。またラインナップされているのは、252ps/370Nmを発生する2L直4ターボを搭載した2.0TFSI クワトロと、333ps/440Nmの3L V6スーパーチャージャーを搭載した3.0TFSI クワトロの2モデル。メーターパネルに搭載されるフルデジタルモニターの「アウディバーチャルコックピット」やアウディプレセンスなどの最新装備も用意する。

画像: 堂々としたエクステリアと同様に、コクピットを含むインテリアは直線基調のデザインでまとめられている。

堂々としたエクステリアと同様に、コクピットを含むインテリアは直線基調のデザインでまとめられている。

アウディQ7 主要諸元

全長:5070mm
全幅:1970mm
駆動方式:4WD
JC08モード燃費:11.7~12.6km/L
乗車定員:5(7)名
搭載エンジン:2L、3Lガソリン
日本デビュー:2016年1月14日
車両価格:8,040,000〜9,290,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.