首都高の入り口になる川口本線料金所直後にあるパーキングエリアが川口PA。ここで食べられる「スタミナもつ焼き丼」(580円)は、発売以来ずっとナンバーワンの人気を誇るドンブリなんだそう。モータージャーナリスト鈴木ケンイチ氏がレポートします。

もつと野菜、ごはんのおいしさが見事に調和

郊外へのドライブの帰りでちょっと疲れたな~というときや、これから都内でひと仕事! 元気づけにと思っている方におすすめなのが、首都高速川口線の上りにある川口PAの「スタミナもつ焼き丼」です。

なんと、このメニューは5年前の発売から、常に断トツの売れ行きナンバー1。平日に働くお兄さんたちだけでなく、週末の観光客にも大うけ。お客さんの4人に1人が、このメニューを注文するほどとか。

おいしさの秘訣は下味。豚のもつをたっぷりのニンニクと一緒に圧力釜で煮込みます。肉6㎏に対してニンニクは1㎏も入れるそうです。その後に秘伝のタレで下味をつけ、最後に玉ねぎやニンジン、ニラといった野菜と一緒に焼き上げるとか。化学調味料は一切使ってないというのも嬉しいところ。毎日、お肉は20㎏ほども仕込んでいるそうです。

では、さっそくいただきましょう! 

画像: 「スタミナもつ焼き丼」(580円) ごはんの大盛は無料。写真は普通盛りだ。

「スタミナもつ焼き丼」(580円) ごはんの大盛は無料。写真は普通盛りだ。

テーブルに乗ったドンブリの前でクンクン。あれれ? ニンニクのニオイが一切しません。味噌だれで焼かれた野菜の香ばしさの方が強いんですね。

まずは、もつから。おお! 柔らかくて、しっかりとお肉の味がします。もつ独自の味はあるのに、ものすごくマイルド。これには驚いた。

そして、ごはんと一緒に…と思ってドンブリをのぞけば、具材とごはんの間に、なにか塗ってありますよ。それが「いちやの味噌だれ」。埼玉の東松山の老舗が作る隠し味でした。ピリ辛でコクのある味噌だれが、具材のうまみとごはんの甘みにアクセントを加えます。

添えられた白湯スープは独特です。うま味たっぷりで、ほとんどラーメンのスープ。さっぱり味が好みなら、普通のお味噌汁にもチェンジ可能とか。

もりもりと食が進み、あっという間に完食。人気も納得のおいしさです。スタミナつけたい人におすすめですよ。

画像: おいしさの秘密のひとつが中に使われているピリ辛の「いちやの味噌だれ」(648円)。

おいしさの秘密のひとつが中に使われているピリ辛の「いちやの味噌だれ」(648円)。

川口PA(上り)

至 東北道  川口JCT → 川口PA → 安行IC 至 都心部

東北道と東京外環自動車道が交差する川口JCTより川口線へ入ってすぐ。首都高速の入り口である川口本線料金所直後にあるPAだ。緑豊かな空間で食堂も備わっている。平日はビジネス利用が多いが、週末は観光客も立ち寄る。東北道より都心部への入り口となる最初の休憩スポットだ。


川口PA(上り) T048-294-4811  営業時間:6時~21時30分(スタミナもつ焼き丼の販売は8時~) 年中無休

画像: 筆者の鈴木ケンイチ氏。

筆者の鈴木ケンイチ氏。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.