ポルシェが非常に長いネーミングのマカン特別仕様車を発表した。それは“ポルシェ マカン ターボ エクスクルーシブパフォーマンスエディション”で、日本を含む一部の国のみで販売するという。さて、その内容はいかなるものか。
画像: ポルシェ マカン ターボ エクスクルーシブパフォーマンスエディション。

ポルシェ マカン ターボ エクスクルーシブパフォーマンスエディション。

“超特別”なマカン

いまポルシェの屋台骨を支えていると言ってもいい人気モデル、マカンにとても気になる特別仕様車が登場した。なぜ気になるかと言えば“特別なモデルをさらに特別に仕立てた、最高に特別なモデル”だからだ。

そのネーミングはやたらと長い“ポルシェ マカン ターボ エクスクルーシブパフォーマンスエディション”と言い、これはマカン ターボにパフォーマンスパッケージを装備した“マカン ターボ パフォーマンス”をベースに、特別な内外装の仕様を施したものなのだ。

画像: “Macan turbo”のエンブレムが赤いのがポイント。

“Macan turbo”のエンブレムが赤いのがポイント。

まず“マカン ターボ パフォーマンス”についてだが、これはマカン ターボにプラス40psの440psという最高出力を持ち、最大トルクもプラス50Nmの600Nmを誇る。そして、0→100km/h加速はわずか4.4秒、最高速は272km/hという実力の持ち主だ。もちろんブレーキも強化されていて、さらに15mm低くされた車高に対応してチューニングされたポルシェ・アクティブサスペンション・マネジメント(PASM)やスポーツクロノパッケージ、スポーツエグゾーストシステムなどを装備する。

こうしたハイパフォーマンスに、よりふさわしい意匠を施したこの特別仕様車の具体的な内容だが、外観は“ターボエクステリアパッケージ”がベースとなっている。このパッケージには21インチ911ターボデザインホイール、LEDヘッドライト、ティンテッドLEDテールライトなどが含まれているが、さらに赤いラインがアクセントのフロントスポイラー、リアエプロン、カーマインレッドで塗装されたサイドブレードが付く。また、リアの“Macan turbo”のロゴも赤く塗装されている。

画像: インテリアも特別な仕立てで、ゴージャスというよりスパルタンなイメージを強調。

インテリアも特別な仕立てで、ゴージャスというよりスパルタンなイメージを強調。

インテリアもレッドとブラックのアクセントが随所に奢られている。シートやインパネまわり、ドアトリム、シフトノブなど随所に赤のアクセントが施され、さらにフロントシートのヘッドレスト部は専用デザインとなる。さらに前後シートとハンドルにはヒーターが装備されている。

さて、“ポルシェ マカン ターボ エクスクルーシブパフォーマンスエディション”は“日本を含む一部の国のみで販売”とアナウンスされているが、その価格や時期についてはまだ未発表だ。気になる人はポルシェカスタマーセンター(tel.0120-846-911)に連絡してみるといいかも知れない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.