10月23日、ポルシェAGが“911カレラT”を発表した。これは911カレラをベースとして、走りを楽しむためのアイテムだけを追加したモデルだ。スポーツカーとしてのピュアなポルシェ911を楽しみ尽くせる仕様となっている。
画像: ポルシェ911カレラT。走りを楽しみ尽くせる仕様だ。

ポルシェ911カレラT。走りを楽しみ尽くせる仕様だ。

軽量ガラスの採用などでダイエット

ポルシェAGが発表した“ポルシェ911カレラT”は、1968年にデビューした“911T”のコンセプトを現在に体現したものだ。“カレラT”の“T”はツーリングの“T”で、純粋に走りを楽しむという意味合いがある。

ベース車は最高出力370ps/最大トルク450Nmの3L水平対向6気筒ツインターボを搭載する911カレラで、これに車高を20mm低くしたPASMスポーツシャシー、スポーツクロノパッケージ、レッドのシフトパターンと短縮されたシフトレバーを持ち、911カレラでは選択できないリアアクスルステアリングもオプションで装着可能だ。

画像: ボディカラーはこのイエローをはじめ、全9色が用意されている。

ボディカラーはこのイエローをはじめ、全9色が用意されている。

また、リアウインドウとリアサイドウインドウは軽量ガラス製で、ドアトリムにはドアオープナーストラップを採用、さらに吸音材を大幅に削減して、リアシートはオプション装備となる。さらにポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)のレスオプションもある。これで車重は同等装備の911カレラより20kg軽い1425kgとなっている。

エクステリアではフロントスポイラーリップが装備され、スポーツデザインのドアミラーはグレーメタリック塗装となる。さらにボディサイドには大きく“911 Carrera T”のロゴマークが入り、リアにもグレーのエンブレムが入る。

画像: グレーの“911 Carrera T”エンブレムがなかなかよい。

グレーの“911 Carrera T”エンブレムがなかなかよい。

インテリアのポイントは、まずセンター部分にSport-Texファブリックを使ったブラックの4ウェイ電動スポーツシートが採用されたこと。オプションでフルバケットシートを選ぶこともできる。また、レザーリムのGTスポーツステアリングホイールも標準装着される。

走りのパフォーマンスはPDKで0→100km/h加速が4.2秒、0→200km/h加速が14.5秒、最高速は290km/hオーバーだという。MTとPDKがあるが、日本仕様にはMTの設定はなく、PDKのみになるという。価格については未発表だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.