いま新車マーケットでの人気ジャンルは何と言っても“SUV”だろう。そして各メーカーから続々と魅力的なニューモデルがデビューしている。この連載企画ではそうした人気SUV、ブランドなりのこだわりを持つ“プレミアムSUVとクロスオーバー”を順次紹介していく。今回は「ジャガーFペイス」だ。(Motor Magazine Mook「プレミアムSUV パーフェクトブック 2017-2018」より)
画像: ジャガーFペイス 35t Rスポーツ。派手なボディカラーがよく似合う。

ジャガーFペイス 35t Rスポーツ。派手なボディカラーがよく似合う。

最強バージョンは380psエンジンを搭載

ジャガー初のSUVとして2015年にデビュー。優れたハンドリングとFタイプにも通じるエクステリアで世界的に大ヒットし、日本にも2016年1月から導入されている。

特徴はモノコック車体構造にアルミニウムを80%も使用するなどで軽量であることに加え、前後の重量バランスをほぼ50:50とすることにより、SUVでありながらもスポーツカーのような優れた走りを実現している点だ。

画像: 堅牢で強固な軽量アルミニウム構造を採用し、乗員保護や50:50の重量配分バランスを実現した。

堅牢で強固な軽量アルミニウム構造を採用し、乗員保護や50:50の重量配分バランスを実現した。

日本に導入されたパワートレーンは3種類ある。180ps/430Nmのパワーを発生する2Lディーゼルターボと、340ps/450Nmの3L V6ガソリンスーパーチャージャー、そして最強モデルとなるFペイスSには380ps/450 Nmの3L V6ガソリンスーパーチャージャーを搭載する。全モデルが4WDとなっている。

画像: トラクション低下時においてハンドル操作をサポートするシステムなどを持つ。

トラクション低下時においてハンドル操作をサポートするシステムなどを持つ。

ジャガーFペイス 主要諸元

全長:4740mm
全幅:1935mm
駆動方式:4WD
JC08モード燃費:10.1~15.8km/L
乗車定員:5名
搭載エンジン:3Lガソリン/2Lディーゼル
日本デビュー:2016年1月29日
車両価格:6,400,000〜9,820,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.