いま新車マーケットでの人気ジャンルは何と言っても“SUV”だろう。そして各メーカーから続々と魅力的なニューモデルがデビューしている。この連載企画ではそうした人気SUV、ブランドなりのこだわりを持つ“プレミアムSUVとクロスオーバー”を順次紹介していく。今回は「ランドローバー ディスカバリースポーツ」だ。(Motor Magazine Mook「プレミアムSUV パーフェクトブック 2017-2018」より)
画像: ランドローバー ディスカバリー スポーツ SE。7人乗りを選べるのは大きなアドバンテージ。

ランドローバー ディスカバリー スポーツ SE。7人乗りを選べるのは大きなアドバンテージ。

ファミリーユースに最適な1台

ディスカバリーの弟分として2014年に誕生し、同年に日本にも上陸している。ディスカバリーの派生モデルと思われがちではあるが、実質的にはフェードアウトしたフリーランダーの後継モデルと言っていいだろう。

その特徴は5人乗りモデルの車両寸法でありながら、子供2人分のシートを追加する5+2シート仕様をオプションで用意するということ。広い室内空間を持ち、SUVらしい多用途な使い方ができるだろう。

画像: 両側から接近してくるクルマを検知するブラインドスポットモニターや駐車支援システムなどを搭載。

両側から接近してくるクルマを検知するブラインドスポットモニターや駐車支援システムなどを搭載。

エンジンは240ps/340Nmを発生する2L直4ターボを搭載して9速ATが組み合わされ、4輪を駆動することによりディスカバリーの名に恥じない優れたオフロード性能を発揮する。また、アルミを多用した軽量ボディとすることで、オンロードでの俊敏な走りをも実現している。

画像: 凹凸激しい路面で1.8~30km/hの間で速度設定することでハンドル操作に集中できる機構を搭載。

凹凸激しい路面で1.8~30km/hの間で速度設定することでハンドル操作に集中できる機構を搭載。

ディカバリー スポーツ 主要諸元

全長:4610mm
全幅:1895mm
駆動方式:4WD
JC08モード燃費:10.3km/L
乗車定員:5名
搭載エンジン:2Lガソリン
日本デビュー:2014年10月8日
車両価格:5,100,000〜7,230,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.