日産の次期GT-R。自動化や電動化、コネクテッドなど時代の求めるクルマの性能が大きく変わりつつある現在、日産スポーツモデルの頂点に君臨するGT-Rはどう変わるのか。GT-Rファンだけでなく多くのクルマ好きが注目するなか、東京モーターショー2017でその姿を見ることはできなかった。では、開発の進行状況はどうなっているのか、ホリデーオートのスクープ班が追った。

次期日産GT-Rの先行技術開発は進んでいるものの、ほとんど未決の状態

いまなお世界屈指のパフォーマンスを誇る日産GT-R。しかし登場から丸10年。いくら何でもそろそろ次期型に関する情報が欲しいと考えるのは、ホリデーオート誌も同じだ。だが、今回の東京モーターショー2017も出なかった!

画像: 電動化によって再び技術革新の時代に突入した自動車業界。次世代の日産GT-Rは、その波がひと段落するころに発表されるはずだ。

電動化によって再び技術革新の時代に突入した自動車業界。次世代の日産GT-Rは、その波がひと段落するころに発表されるはずだ。

さらに聞こえてくるのは断片的な情報ばかりで、クルマとしての全体像は一向に見えてこないのだ。さすがにGT-Rだけに、関係者にも各人各様の思い入れがあるからだろう。こうなって欲しい的なコメントはあるものの、どれも決定打に欠く。

一番のポイントは、「時代の要請」だろう。今後、日産が精力を傾けなければならないのは、言うまでもなく電動車開発の加速だ。欧州ばかりか中国も電動化シフトへの姿勢を鮮明にした今となっては、スポーツカーを何台も開発することは、さすがの日産でも難しいはずだ。

となれば、漏れてくる次世代GT-Rに関する情報を整理してみると、登場は電動化への道筋がある程度見えた2020年以降になると予想する。そのとき、新たなGT-Rがどうなるのか。技術的なフラッグシップだけに、向こう10年は技術力と速さで世界のトップに君臨するクルマとなることは間違いないだろう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.