タレント・モータージャーナリストの竹岡圭が、2017年全日本ラリー選手権・第9戦「新城ラリー」に参戦、クラス5位で完走した。1年間を戦い終えた感想を、動画でお届けします。

全日本ラリー選手権の中でも、観客が多く集まることで知られる「新城ラリー」。2017年も最終戦として11月4(土)〜5日(日)の2日間、愛知県新城市の新城総合公園をベースに開催された。2日間ともほぼ晴天に恵まれたことや、トップカテゴリーとなるJN6クラスではチャンピオンをかけての戦いが見られるとあって、今年もたくさんの観客が詰めかけた。

竹岡圭にとって、前回参戦した「ラリー北海道」は悪夢の中の悪夢。初めてのグラベル(非舗装路面)ラリーにルノー・クリオで挑戦したものの、ちょっと気負ってしまったのか、初日のSS4で無念のリタイアとなってしまった。

「応援していただいたみなさま、チームのメンバーに対しても、期待に応えられなかったことが申し訳なくて…」

今回の新城ラリーはターマック(舗装路)ラリーということで、アバルト500ラリーR3Tで心機一転、気を取り直しての挑戦となった。

画像: ギャラリーステージとなった鬼久保SS。

ギャラリーステージとなった鬼久保SS。

「アバルト号はこのラリーが終わったらオーナーさんにお返ししなければならないので、今回はゼッタイに壊すことはできないんです。なので今回の目標は“無傷でゼッタイ完走!”です」

というわけで、タイムはなかなか詰められないものの、2日間にわたって安定した走りを見せる。参加するJN5クラスには7台が参加、2台がリタイアする中、なんとか完走を果たした。

「新城ラリーはけっこうヘビーなラリーでした! 距離が長い上に道幅がめちゃくちゃ狭いSSがあったり、キャッツアイと枯れ葉が邪魔して走りにくいSSがあったりしましたが、とにかくリタイアしないように気を付けて走りました。ゼッタイ壊せないというプレッシャーの中、自分なりに攻めることができて楽しめましたよ!」

これで圭rally projectの1年目が終了した。そこで1年間を戦い終えた感想を聞いてみた。

画像: 竹岡圭、圭rally projectの参戦1年目を終えての感想 youtu.be

竹岡圭、圭rally projectの参戦1年目を終えての感想

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.