バブル時代&ハイソカー・ブームを象徴する存在だったトヨタ・ソアラ3.0GTリミテッド(MZ21型 1990年式エアサスペンション仕様)。その18分の1スケールのモデルカーが147台の限定で発売される。すでに11月5日から予約を受け付けているらしいよ!
画像: 衝撃の18分の1スケール! 応接間や書斎のインテリアにも最適です。

衝撃の18分の1スケール! 応接間や書斎のインテリアにも最適です。

2代目ソアラは1986年〜1991年に発売された、トヨタのフラッグシップクーペ。初代に引き続き、最先端技術の粋をゴージャスなクーペボディに盛り込んだ、パーソナルクーペの最高峰でした。非常に高価なクルマでしたが、世はバブルの最盛期とあって飛ぶように売れたものでした。

そんな懐かしのクルマを、18分の1スケールでモデル化したのはホビージャパン。実車をデジタルスキャニングした上で、プロモデラーがスケールに合わせて細部をチューニングしていて、モデルカーといえども実車の伸びやかなスケール感や質感、そして重量感を見事に再現しています。

画像: 実車をデジタルスキャニングした上で、18分の1スケールに落とし込んでも違和感のないようにベテランモデラーが細部をチューニング。実車の質感や重量感が完璧に再現されている。

実車をデジタルスキャニングした上で、18分の1スケールに落とし込んでも違和感のないようにベテランモデラーが細部をチューニング。実車の質感や重量感が完璧に再現されている。

車両本体の素材にはポリウレタンレジンを使用。東名樹脂製のウインドーには実車さながらの曲率を再現して、映り込みも実車さながらに再現するというこだわりようです。ほかにもMZ21型の特徴である、「D-TV アンテナシステム」「エレクトロ・マルチビジョン(リモコン付き)」やリアウインドーの「AIR SUSPENSION」のステッカーを再現するなど、その再現性は手仕事ならでは。

まさに、こだわりの逸品です。サイドボードの上に飾って眺めていると、あの頃のことが思い浮かぶ…おとうさん、これは是非とも手に入れたいアイテムでしょう!

発売は2018年3月を予定しているけれど、すでに11月5日から予約が始まっているとのこと。さあ、今すぐ下記にアクセス!

■商品概要
商品名  : 1/18 トヨタ ソアラ
       3.0GT リミテッド (MZ21) 1990 エアサスペンション仕様
カラー  : クリスタルホワイトトーニングII(HJ1801GWS)
価格   : 22,000円(本体)+税
スケール : 1/18
発売予定 : 2018年3月
生産国  : 中国
仕様   : レジン製完成品(未開閉モデル)
       ※ドア、ボンネット、エンジンフード、トランク等の
       パーツは開閉いたしません。
素材   : ボディ・内装素材/ポリウレタンレジン、
       タイヤ/PVC(非フタル酸)、ホイール/ABS樹脂
パッケージ: (W)325mm × (D)160mm × (H)133mm *ディスプレイ台座付き
製造元  : 株式会社ホビージャパン

http://www.rakuten.co.jp/posthobby/

http://store.shopping.yahoo.co.jp/posthobbyshop/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.