BMW M社が開発した超ド級ハイパフォーマンスSUV、BMW X6 M。ハイパフォーマンスさはもちろんだが、サイズ感やフロントマスクのデザインなどから、大きな存在感を放っているモデルだ。そんなX6 Mの全身を“黒”でかためた限定車「X6 M Edition Black Fire」が2017年11月9日に発売された。

X6 M エディション ブラックファイヤは、日本でわずか5台の希少車だ

サーキットでの速さを追求し、M4やM2など数多くのハイパフォーマンスモデルを輩出するBMW M社が開発したX6 M。4.4L V8ツインターボエンジン(575ps/750Nm)を搭載して4輪で駆動し、2トンを超すボディを苦もなく加速させる。このX6 Mに専用の内外装を採用した限定車X6 M Edition Black Fireが5台(全世界500台)限定で発売された。

画像: 画像左はX5  Mだが、今回登場したのは右のX6 MのEdition Black Fireだ。

画像左はX5 Mだが、今回登場したのは右のX6 MのEdition Black Fireだ。

グレード名に“Black”とあるとおり、ボディカラーやキドニーグリル、21インチのホイールなどエクステリアの多くが黒づくめにアレンジされ、イカつく、強い存在感を放っている。インテリアもシートから天井まで、やはり黒が基調だ。ただ、こちらには“Fire”の赤のアクセントがつけられ、そのコントラストがハイパフォーマンスさを感じさせるデザインとなっている。またインテリアトリムには専用のロゴがつく。
車両価格は2083万円だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.