ホンダは、2017年12月下旬にマイナーチェンジを予定している「N-ONE(エヌワン)」に関する情報を、ホームページで先行公開した。

新たに4つのタイプを設定!

今回のマイナーチェンジでは、「Standard(スタンダード)」、「Select(セレクト)」、「Premium(プレミアム)」、「RS(アールエス)」という、世界観やデザインが異なる4つのタイプを設定し、さらなる個性の強化を図るという。
また、軽乗用車では初(ホンダ調べ・2017年11月時点)となる、遮音機能付ガラスの採用による静粛性向上などの機能強化に加え、エクステリアカラーに新色を追加し、ユーザーの選ぶ楽しさを広げている。

画像: 写真左上から時計回りに、スタンダード、セレクト、RS、プレミアム。

写真左上から時計回りに、スタンダード、セレクト、RS、プレミアム。

N-ONEは、1967年に発売されたホンダ初の市販軽乗用車「N360」をモチーフに、ホンダのクルマづくりの原点となる「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想:人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小にというホンダのクルマづくりの基本思想」を受け継ぎ、「これからの日本に新しい乗り物を提案したい」、そして「長く愛されるクルマを提案したい」という想いを込め、新しいベーシックカーの創造を目指して2011年11月に発売された。

画像: 現行型のN-ONE。ホームページの画像と比べると、フロントまわりが微妙に変わっているようだ。

現行型のN-ONE。ホームページの画像と比べると、フロントまわりが微妙に変わっているようだ。

先行公開されたホームページによると、
Standard:いつまでも愛着の持てるシンプルスタイル。
Select:こだわりを感じさせるブラウンスタイル。
Premium:上質を磨いた、洗練のプレミアムスタイル。
RS:大人の遊び心をくすぐるスポーティースタイル。
と、それぞれのキャッチとともにイメージカットが掲載されている。
詳しくは、以下のホームページへ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.