クラス随一のスタイリッシュな内外装やディーゼルエンジン搭載車の設定などで人気のコンパクトカー、マツダ・デミオがまたまた進化した。「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の採用を拡充して全車「サポカーS・ワイド」に該当するとともに、赤基調の内装色を採用した特別仕様車「ノーブルクリムゾン」を新設定。11月9日から予約を開始し、12月7日から発売する。

先進の安全装備を標準化して全車「サポカーS・ワイド」に

国内で販売する主要車種を対象に、先進安全技術群「i-ACTIVSENSE」を2017年度中に標準装備することを公表したマツダ。今回は、その一貫として、デミオに数々の先進安全技術を全車標準装備とした。

車両だけでなく歩行者も検知する「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンスト・SCBS)」「車線逸脱警報システム(LDWS)」「ハイビーム・コントロール・システム(HBC)」「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)」「リアパーキングセンサー(センター/コーナー)」などが、全グレードで標準装備となったのだ。これに従来から標準装備されている「AT誤発進抑制制御(前進時)」を加えることで、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当することになった。ちなみに、今回のデミオの商品改良で、マツダが国内で販売する主要6車種は、全機種が「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当する。

おなじみのソウルレッドも「ソウルレッドクリスタルメタリック」に進化。車両周囲の状況をモニターで確認できる「360°ビュー・モニター」と「フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)」を新たにメーカーオプション設定する。

画像: 高齢運転者を含めたすべての自動車運転者による交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、自動ブレーキなどの先進安全技術を活用した一定の運転支援機能を備えたクルマがサポカー。デミオは、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「セーフティ・サポートカーS」に該当する。

高齢運転者を含めたすべての自動車運転者による交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、自動ブレーキなどの先進安全技術を活用した一定の運転支援機能を備えたクルマがサポカー。デミオは、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「セーフティ・サポートカーS」に該当する。

■新型デミオ価格帯
139万3200円〜226万2600円

特別仕様車「ノーブルクリムゾン」に注目!

今回の商品改良でもうひとつ注目したいのが、併せて発売される特別仕様車「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」。これが、かなり良いのだ。デミオは量産ラインとは異なる個性的なインテリアの特別仕様車を2015年から特別仕様車としてラインアップしているが、新たに加わった「ノーブルクリムゾン」は、シートファブリックにレッド、トリムにホワイトを組み合わせた鮮烈なカラーコーディネートが特徴。ホワイトの加色モールはよく見ればシート地と同じ模様がレリーフされているし、エアコンルーバーにもレッドメタリックの差し色を加えたりと細かい所にも気を配って、統一感を出している。ちなみにベース車は1.5ℓのSKYACTIV-Dを搭載するXDだ。

画像: 専用ボディカラー「セラミックメタリック」を設定した「ノーブルクリムゾン」。

専用ボディカラー「セラミックメタリック」を設定した「ノーブルクリムゾン」。

■XD ノーブルクリムゾン
205万7400円(2WD・6AT)/226万2600円(4WD・6AT)

画像: 艶やかな深紅色のシートが白い空間に映える専用インテリア。

艶やかな深紅色のシートが白い空間に映える専用インテリア。

画像: ブラック、レッド、ホワイトの強コントラストだが、デミオらしく上質でプレミアムな雰囲気だ。

ブラック、レッド、ホワイトの強コントラストだが、デミオらしく上質でプレミアムな雰囲気だ。

2014年9月に登場以来、絶え間なく進化し続けるデミオ。マツダ・ブランドのエントリーモデルであるだけでなく、何台もクルマを乗り換えているベテラン・ドライバーからも高い評価を得ているのはデミオならでは。その妥協のない造り込みを、この機会に、ぜひ一度体験しておきたい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.