ベントレーモータースポーツが、2018年シーズンを戦うニューマシン、“ベントレー コンチネンタル GT3”を発表した。過去4年戦った第1世代のコンチネンタル GT3は全世界528レースで120回、表彰台に上がり、そのうち45回は優勝を飾っているが、この第2世代のニューマシンにはさらなる活躍が期待される。
画像: ベントレー コンチネンタル GT3。一般向けの販売は2018年6月に開始される予定。

ベントレー コンチネンタル GT3。一般向けの販売は2018年6月に開始される予定。

第1世代から数段レベルアップ

ベントレーは言うまでもなく、ロールスロイスと並ぶイギリスの超高級ブランドだが、モータースポーツの世界に於いてもル・マン24時間レースでの優勝など輝かしい歴史を持っている。

そして、その伝統を引き継ぐ形で現在はコンチネンタル GT3が世界各国のレースで存在感を見せているが、市販車が新型へ切り替わったことに対応して、GT3にも新型が投入されることになった。

ベントレーのスポーツディレクターであるブライアン・グッシュ氏はそのあたりのことを以下のようにコメントしている。

画像: レースカーは後輪駆動で6速シーケンシャルギアボックスを持つ。

レースカーは後輪駆動で6速シーケンシャルギアボックスを持つ。

「新しいレースカーはよりよいパフォーマンスのために分析を徹底的に行い、手をつけていない領域はありません。初期のテスト結果は満足のいくもので、新型コンチネンタルGTの市販車の進化が、新しいレースカーの開発の素晴らしい出発点となりました」

さて、新型コンチネンタル GT3は、市販車ベースの設計だがアルミニウムを多用して1300kgを下回るまで徹底した軽量化が施されている。4L V8ツインターボは完全に再設計されたドライサンプシステムと吸排気システムを持ち最高出力は550bhpを誇る。

画像: ホイールはBBS製18インチ、タイヤサイズは355/705R18。

ホイールはBBS製18インチ、タイヤサイズは355/705R18。

この新型のレースカーはすでに6カ月のテストプログラムを開始しており、今後は24時間耐久レースのシミューレーションを行うそうだ。

そして、2018年シーズンはヨーロッパで行われるブランパンGT耐久選手権とインターコンチネンタルGTチャレンジの4戦に参戦するとのことだ。なお、参戦ドライバーについては後日、発表するとのことだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.