横浜ゴムのADVANレーシングタイヤ装着車が1、ツインリンクもてぎ(栃木県)で開催されたSUPER GT 2017最終戦のGT300クラスで3位入賞を果たし、シリーズチャンピオンを獲得した。GT300クラスでのヨコハマタイヤ勢のシリーズチャンピオン獲得は昨年に続き2年連続となり、横浜ゴム創立100周年の年に有終の美を飾った。
画像: GT300クラスでシリーズチャンピオンを獲得した「グッドスマイル 初音ミクAMG」。

GT300クラスでシリーズチャンピオンを獲得した「グッドスマイル 初音ミクAMG」。

グッドスマイル 初音ミクAMGがGT300のシリーズチャンピオンに

シリーズチャンピオンを獲得したのはGOODSMILE RACING & TeamUKYOの「グッドスマイル 初音ミクAMG(ドライバー:谷口信輝選手/片岡龍也選手)」。2位に9ポイント差をつけ最終戦に挑んだ「グッドスマイル 初音ミクAMG」は、予選で片岡選手がコースレコードを更新し、圧倒的な強さでポールポジションを獲得。

決勝レースではスタートドライバーの片岡選手が安定した走りでトップをキープし、ミニマム周回数の16周で谷口選手にバトンを渡す。タイヤを4本全て交換したことで一旦は4位に退くものの、谷口選手の猛追により39周目に3位に浮上。その後はミスのない走りで3位を死守し、同チームとして2014年以来となるシリーズチャンピオンを獲得した。

画像: 谷口信輝選手(右)、片山右京監督(中央)、片岡龍也選手。

谷口信輝選手(右)、片山右京監督(中央)、片岡龍也選手。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.