ホンダは上級ミニバン「ODYSSEY(オデッセイ)」に、先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプで標準装備するとともに、デザインや装備、使い勝手などを向上させ11月17日に発売する。
画像: ODYSSEY HYBRID ABSOLUTE・Honda SENSING(7人乗り)(プラチナホワイト・パール)。

ODYSSEY HYBRID ABSOLUTE・Honda SENSING(7人乗り)(プラチナホワイト・パール)。

ホンダ センシングの機能を充実、全タイプで標準装備

先進の安全運転支援システム、Honda SENSING(ホンダ センシング)の全8機能をガソリンモデル、ハイブリッドモデルともに全タイプに標準装備。ミリ波レーダー・単眼カメラによる車両前方の状況認識とブレーキ、ステアリングの制御技術が協調し、安心・快適な運転や事故回避を支援する。

ハイブリッドモデルでは、ACC(アダプティブクルーズコントロール)に渋滞追従機能を追加。前走車がいない場合は設定した車速を自動で維持し、前走車がいる場合は自動で加減速をして適切な車間距離を保つよう支援し、高速道路などでの運転負荷軽減を図る。

エクステリアデザインも変更

フロントのバンパー、グリルのデザインを変更し、力強い印象のフロントマスクに仕上げたほか、LEDフォグライトを標準装備し、全タイプのエクステリアデザインを統一。さらにアルミホイールに新規デザインを採用。足元を引き締める、精悍なデザインとしている。

ボディーカラーには、新たに「コバルトブルー・パール」、「プラチナホワイト・パール」を採用し、全7色のラインアップを設定。

画像: ODYSSEY HYBRID ABSOLUTE。

ODYSSEY HYBRID ABSOLUTE。

画像: インテリア。

インテリア。

車両価格:オデッセイハイブリッド

画像: 車両価格:オデッセイハイブリッド

車両価格:オデッセイ

画像: 車両価格:オデッセイ
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.