世界で初めて圧縮着火を実現したエンジン=SKYACTIV-Xで話題のマツダが、その前段階として「SKYACTIV-G2.5」に気筒休止システムを採用してアテンザに搭載する。また北米市場向けに新たに2.5Lガソリンターボ「SKYACTIV-G2.5T」搭載車を設定することが明らかにされた。
画像: マツダの次世代技術戦略のロードマップ。「SKYACTIV-G/D UPGRADE」と書かれている部分が今回の改良に該当する。

マツダの次世代技術戦略のロードマップ。「SKYACTIV-G/D UPGRADE」と書かれている部分が今回の改良に該当する。

11月28日(現地時間)のプレスデーで幕をあける今年のロサンゼルスオートショー。ワールドプレミア(世界初公開)が50台を超えるなど、各社気合いの入ったオートショーになりそうだ。その中でマツダが世界初公開するのが、大幅改良される「Mazda6(日本名アテンザ)」。来年に予定されている商品改良モデルが、いち早くロサンゼルスショーに登場する。

現行モデルは2012年のデビュー。今回で3度目となる商品改良だが、ついにパワートレーンにも手が入る。日本市場向けにも関係が深いと思われるのが、2.5L直4「SKYACTIV-G2.5」の改良だ。すでに、その技術方針は明らかになっていたが、いわゆる「気筒休止システム」が導入される。また北米市場向けには、CX-9に搭載された2.5L4気筒ターボエンジンを新設定。4LV8エンジンに相当する豊かなトルクは、フラッグシップであるMazda6にさらなる上質な走りをもたらしてくれるだろう。

内外装もさらに洗練。随所に魂動デザインの新しいモチーフを散りばめることで、より質感の高い熟成した「品格」を表現している。また好評の先進安全技術群「i-ACTIVSENSE」もさらに進化。より幅広いシーンで安心して走りを楽しめるようになる

画像: 新型Mazda6(アテンザ)のインテリア。日本の伝統家具や楽器などに使用される栓木(せんのき)を用いた本杢素材などによってマツダらしいプレミアム感を表現した最上級仕様のインテリアを設定する。

新型Mazda6(アテンザ)のインテリア。日本の伝統家具や楽器などに使用される栓木(せんのき)を用いた本杢素材などによってマツダらしいプレミアム感を表現した最上級仕様のインテリアを設定する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.