プジョー・シトロエン・ジャポンが、「DS3 ブラックレザール」といういかにもDSらしい、アバンギャルドな限定車を発表した。全国限定10台と希少価値もあり、フランス車ファンならずとも気になるところだ。
画像: DS3 ブラックレザール。ピカピカに磨いて乗りたい。

DS3 ブラックレザール。ピカピカに磨いて乗りたい。

この洒落っ気はフランス車ならでは

12月9日(土)より販売開始と発表された「DS3 ブラックレザール」は、いかにもDSらしいパーソナリゼーションの提案と言える。なんとルーフパネル全体にトカゲの表皮を模したステッカーが貼り込んであるのだ。

画像: トカゲの表皮を模したステッカーを貼り込んだルーフ。

トカゲの表皮を模したステッカーを貼り込んだルーフ。

そしてボディとドアミラーは“ノアールペルラネラ”という黒基調のカラーとして、アルミホイールにはツートーンノアールの17インチアルミホイールが採用されている。

画像: インテリアもブラック基調でまとめられている。

インテリアもブラック基調でまとめられている。

さらにインテリアにはフルレザーのスポーツシート(ミストラル)を採用しながら、「DS3 ブラックレザール」の車両価格はベースのDS3シック(259万円)の22万円高となる281万円に抑えられている。限定10台ということなので、気になる人は早めに動くことをオススメしたい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.