横浜ゴムは、最新の軽量化設計による環境貢献を目指した先進技術を採用したタイヤ「BluEarth-air EF21(ブルーアース・エアー・イーエフ・ニーイチ)」を日本国内向けに12 月5日より数量限定で発売する。サイズは205/55R16の1サイズとなる。
画像: 【タイヤ】ヨコハマ、軽量タイヤ「ブルーアース・エアーEF21」限定発売 【新商品】2017年12月

省資源・転がり抵抗低減に繋がる「軽さ」

ブルーアース・エアーEF21は、燃費向上を目的とした車両全体の軽量化への寄与、使用材料の省資源化による環境貢献を目指し、ヨコハマの最新の軽量設計技術を採用。軽量で薄くかつ高剛性な構造を実現し、質量において約25%の軽量化を達成した。

また、新たに開発した専用コンパウンドと最先端のゴム混合技術「A.R.T. Mixing」を採用。国内タイヤラベリング制度において転がり抵抗性能「AAA」、ウェットグリップ性能「a」の最高グレードを獲得しており、優れた低燃費性能とウェット性能を発揮する。なお「BluEarth-air EF21」に搭載された先進技術は今後、量販商品への採用を進めていく。


販売はヨコハマタイヤウェブサイト。100本限定販売となる。

東京モーターショー2017でも展示

2017年10月に開催された東京モーターショー2017 横浜ゴムブースにおいてもこのブルーアース・エアーEF21は展示されていた。軽量化をアピールするため、ヨコハマのアドバンdB V551と重量を比較。アドバンdB V551が205/55R16サイズ+ホイールの重量で17.30kgだったのに対し、同サイズ同ホイールのブルーアース・エアーEF21は12.20kgと、約25%もの軽量化を実現していた。


このブルーアース・エアー、タイヤ単体重量は6.8kg。2016年のジュネーブモーターショーで発表した「ウルトラライトコンセプトタイヤ」を進化させたもの。転がり抵抗の低減と原材料の省資源化を実現している。

画像: 東京モーターショー2017、横浜ゴムのブースに出展されていたブルーアース・エアーEF21。右のアドバンdB V551がホイール込みの重量で17.30kgなのに対し、左のブルーアース・エアーEF21は12.20kg。手に持ってみるとその違いは明らかだった。

東京モーターショー2017、横浜ゴムのブースに出展されていたブルーアース・エアーEF21。右のアドバンdB V551がホイール込みの重量で17.30kgなのに対し、左のブルーアース・エアーEF21は12.20kg。手に持ってみるとその違いは明らかだった。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.