2017年9月14日に発表され、本日12月14日に発売開始となったマツダCX-8だが、この3カ月間で予約受注が月販計画の約6倍となる7362台となった。マツダSUVラインナップの最上位モデルであるCX-8だが、人気の秘密はどこにあるのだろうか。
画像: 【トピックス】本日発売のマツダCX-8、受注がすでに月販計画の約6倍、人気の秘密はどこに

マツダCX-8。初期受注は好調ですでに月販計画の6倍を受注している。

これからはSUVの多様化が進むはず

このところ世界中でSUVが人気なのは言うまでもない。マツダも2012年に初代CX-5を発売して以来、SUV攻勢を強めている。着座位置が高いこともあり運転がしやすく、しかもミニバンなどに比べてスポーティでスタイリッシュとあれば人気が出ないわけはない。

しかし、SUVにもウイークポイントはある。それは乗車定員で、ほとんどのSUVは2列シートで5名である。「走りやデザインを諦めたくない。でも家族や友人など多人数でドライブを楽しみたい」という人はけっこう多いのだ。

画像: CX-8は全長4900mm/ホイールベース2930mmだ。CX-5は全長4545mm/ホイールベース2700mm。

CX-8は全長4900mm/ホイールベース2930mmだ。CX-5は全長4545mm/ホイールベース2700mm。

従来はそういうニーズを持った人たちは迷いなくミニバンを購入していた。ところがこれだけSUV人気が高まると、多人数乗車のミニバンか、5名乗車のSUVかで迷う人たちが増えてくる。そのニーズに応えてCX-8が登場したわけだが、それにしても心配はあった。車両価格がそれなりに高くなってしまうという点だ。

同じグレード名の「XDプロアクティブ4WD」で比べると、CX-8の車両価格が3,769,200円であるのに対して、CX-5は3,229,200円と540,000円もCX-8の方が高い。それでも約3カ月で予約受注が7362台というのは、かなりニーズがあったと言っていいだろう。ちなみにこの3カ月間(9-11月)でCX-5は11,450台登録されている。

画像: 「ソウルレッドクリスタルメタリック」の割合は13%。

「ソウルレッドクリスタルメタリック」の割合は13%。

なお、人気グレードは安全装備が充実した「PROACTIVE」で51%、続いて最上級の「XD L Package」が43%だそうだ。ボディカラーはここに掲載した「マシーングレープレミアムメタリック」が33%、イメージカラーである「ソウルレッドクリスタルメタリック」が13%とのことだ。

マツダはすでに新規にミニバンの開発は行わないと表明しているが、それとともにSUVの多様化、クロスオーバー化が進むことになるのだろう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.