日産自動車は2017年6月の発売以来、好調な販売を続けるエクストレイルに運転支援システムを標準装備した特別仕様車が設定、12月19日から全国一斉発売した。
画像: 日産エクストレイル 20Xi 4WD。必要と思われるものはすべて装備した特別仕様車。

日産エクストレイル 20Xi 4WD。必要と思われるものはすべて装備した特別仕様車。

安心、安全な特別仕様車

2017年6月に発売開始されたニューエクストレイルは順調な販売を続けており、いまやノート、セレナとともに日産の国内販売“三本柱”になっている。

12月19日に発表された特別仕様車「20Xi」と「20Xi HYBRID」は、ガソリン車の「20X」、ハイブリッド車の「20X HYBRID」(ともに2列シート)をベースに運転支援システムを標準設定したものだ。

画像: 人気の運転支援システム、“プロパイロット”はもちろん装備している。

人気の運転支援システム、“プロパイロット”はもちろん装備している。

具体的には「プロパイロット、インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)、RCTA(後退時車両検知警報)、ハイビームアシスト、インテリジェントアラウンドビューモニター、インテリジェントルームミラー」を装備している。

そして、この特別仕様車は経産省や国交省が普及啓発をしている安全サポート車「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」のワイドに対応するものだ。

また、この特別仕様車はオーテックジャパンから“助手席スライドアップシート車”も発売された。車両価格は以下のとおりだ。

エクストレイル特別仕様車ラインナップ

20Xi(2WD):2,803,680円
20Xi(4WD):3,009,960円
20Xi HYBRID(2WD):3,071,520円
20Xi HYBRID(4WD):3,277,800円
下記は助手席スライドアップシート車
20Xi(2WD):3,061,000円
20Xi(4WD):3,252,000円
20Xi HYBRID(2WD):3,309,000円
20Xi HYBRID(4WD):3,500,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.