2017年12月20日、トヨタ自動車はグループ(ダイハツ、日野を含む)の2018年暦年の販売、生産計画を発表した。それによるとグローバル販売は1049万5000台で微増、グローバル生産は1039万7000台で微減だった。
画像: 【ニュース】トヨタが2018年の販売、生産計画を発表。販売は微増、国内生産は300万台維持

トヨタの国内生産は300万台を維持

トヨタ自動車が発表した2018年の販売、生産計画だが、グループのグローバル販売は1049万5000台で前年比プラス1%程度、わずかながら記録を更新することになる。

トヨタ単体では950万台(前年比プラス2%)、ダイハツは80万台(前年比マイナス2%)、日野は19万5000台(前年比プラス6%)だ。また、国内販売は3社ともマイナス5%程度を計画している。

グローバル生産はグループで1039万7000台を計画、これは前年を1%程度下回る数字だ。また、トヨタ単体では885万台で前年比マイナス2%、国内生産は11万台減り308万台となるが300万台の大台は維持することになる。詳細は下記のとおりだ。

トヨタグループ 2018年販売計画

・トヨタ グローバル販売:9500(国内:1550/海外:7950)
・ダイハツ グローバル販売:800(国内:610/海外:190)
・日野 グローバル販売:195(国内:65/海外:130)
○グループグローバル販売:10495(国内:2225/海外:8270)
※単位1000台

トヨタグループ 2018年生産計画

・トヨタ グローバル生産:8850(国内:3080/海外:5770)
・ダイハツ グローバル生産:1340(国内:940/海外:400)
・日野 グローバル生産:207(国内:157/海外:50)
○グループグローバル生産:10397(国内:4177/海外:6220)
※単位1000台

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.