住友ゴム工業から、耐偏摩耗性能と耐摩耗性能を向上し「より最後まで使える長持ち」を実現したダンロップ「エナセーブEC204」を2018年2月から順次発売される。発売サイズは65サイズ、価格はオープン。

耐偏摩耗性能16%向上、耐摩耗性能4%向上。

エナセーブEC204は、非対称パターンの採用により、偏摩耗しやすいトレッド部のアウト側ブロックを大きくすることでパターン剛性を高め、ゴムをよれにくくすることで耐偏摩耗性能を向上。また丸い接地形状の新プロファイルを採用し、直進時/カーブ時ともにタイヤのアウト側にかかる接地圧を均一化。これらにより、耐偏摩耗性能を従来モデルのエナセーブEC203比で16%向上させている。

またトレッド部のランド比を高めることで接地面積を従来比で4%向上。これにより接地圧を分散することで摩耗を抑制し、耐摩耗性能を4%向上している。


サイズは13〜18インチ、45〜80シリーズで全65サイズ。価格はオープン。タイヤラベリングは全サイズAA-aとなる。

画像: 5リブパターン(タイヤ幅215以上)。

5リブパターン(タイヤ幅215以上)。

画像: 4リブパターン(タイヤ幅215以下)。

4リブパターン(タイヤ幅215以下)。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.