トヨタは2017年12月25日にプラグインハイブリッドモデルプリウスPHVに、先進安全運転支援システムを充実させたS“Safety Plus”の2グレードを特別仕様車として追加した。

サポカーSワイド(セーフティ・サポートカーSワイド)に相当する特別仕様車

もともと、プリウスPHVには衝突回避支援システムの「Toyota Safety Sense P」が全グレードに標準装備され、今回の特別仕様車のベースモデル「S」にももちろん搭載されている。しかし、その上位グレード「A」だけに採用されている「インテリジェント クリアランスソナー」と「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」のふたつはオプションでも選ぶことができなかった。今回の特別仕様車“Safety Plus”では、このふたつを標準装備しているのだ。

画像: サポカーSワイド(セーフティ・サポートカーSワイド)に相当する特別仕様車

■インテリジェント クリアランスソナー:駐車場などでアクセルペダルの踏み間違いを検知、衝突被害を軽減する機能
■シンプルインテリジェントパーキングアシスト:ワンプッシュで駐車スペースを判断し駐車アシストを行う機能
このふたつを装備することによって、サポカーSワイドに相当するモデルとなったわけである。

安全装備だけでなく、さらに利便性も高める装備も追加されている。S“Safety Plus”には短時間で充電できる急速充電インレットと、バックカメラ(映像を映すナビはオプション)を特別装備。S“ナビパッケージ・Safety Plus”には、さらに100V電源(1500W)コンセントとETC2.0ユニットも追加している。

さらにもうひとつ、特別仕様車が用意されている。今回用意されたふたつの安全機能をベースグレードで標準装備するグレード「A」(サポカーSワイド相当)に利便性を高める装備を採用した特別仕様車、A“Utility Plus”も同時に発売された。100V電源(1500W)コンセントとETC2.0ユニットを新たに採用している。

価格は…

S“Safety Plus”:332万5320円
S“ナビパッケージ・Safety Plus”:373万320円
A“Utility Plus”:382万9680円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.